「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

~保護者の本音を引き出し、信頼関係をつくる!~
カウンセリングの手法を使ったクレーム対応術

羽林由鶴 はねばやしゆず

103kgの組織活性化カウンセラー
103kgの生き方カウンセラー
合資会社STEP13 代表

想定する対象者

教職員の方々。

提供する価値・伝えたい事

人の本音を引き出すことって、難しいですよね。
私は日々のカウンセリングで、相談者の話の中に隠された「本当に聞いて欲しいこと」「相談者が本当に悩んでいること」を見つけ出し解決しています。

教職員のかたからすると一見モンスターペアレントに見えたとしても、クレームを言いに来る親御さんは親御さんなり理由を持っています。
「教職員は耐えるべし」と言いたいのではありません。親御さんの本音を知ることによって、我慢せず双方ともに満足する解決が導けます。

相手の本音を引き出すには信頼関係が重要。
でも信頼関係って残念ながら、しゃべり方を変えたから、顔の表情をかえたからといってすぐに築けるものではありません。

私の講演は話を聞いて終わりではありません。本音を引き出す具体的なテクニックを、ワークショップ形式で実践的に習得します。
学校に戻ってすぐに役立ちますよ。おすすめです!

内 容

【自分の考えは相手に伝わっていますか?】
相手の本音を引き出すには、自分の考えを相手に的確に伝えることが重要です。
自分の頭の中で伝えたいことを明確にできていなければ、具体的な内容を相手に伝えることは難しいのです。
あなたは相手に何をしてほしいのか…をあなた自身の頭の中でしっかり整理したあとに伝えていますか?
自分の考えを整理して相手に伝える練習を一緒にしてみましょう。

【まわりとコミュニケーションをとっていますか】
相手から信頼されるには、日々のコミュニケーションがとても重要になってきます。
無駄だと思っている日常のくだらないやりとりが信頼関係を築く上ではとても大事です。
相手に認められる、コミュニケーション上手になる方法をお伝えします。

【ワークショップ】
文字で説明するとシンプルですが、だからこそ逆に体得するのは難しいです。「わかっちゃいるけど、そうは言ってもねえ・・・」という感じですよね。
正論は話で聞くだけでは耳が痛くなります(眠くもなります)。ワークショップで実際に体験し、自分の実感として本当の意味で腑に落ちる経験が必要です。

○現場ですぐに使える真面目な内容の講演ではありますが、全体的に笑い多めで絶対に飽きさせません(笑)

根拠・関連する活動歴

※教職員向け講演の実績多数。
令和元年度(2019年5月1日以降)は、2019年6月14日宇都宮ビジネス電子専門学校様、2019年8月4日三重県教職員組合様。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.