「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

人の心を鷲づかみにする絶妙な聴き方・伝え方
~真に分かち合うアサーティブコミュニケーションとは~

高村幸治 たかむらこうじ

モチベーションコンサルタント
組織育成パートナー

想定する対象者

・労働組合中堅組合員の方々
・労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)
✓ 会議の場などで意図を上手に自己表現ができない方
✓ 相手のためを思って伝えているのになかなか伝わっていないと感じる方
✓ 「NO」とハッキリ意思表示することが苦手な方
✓ 怒りの感情をコントロールできていないと思う方

提供する価値・伝えたい事

「こう言ったら気分を害するのではないだろうか?」
「何度叱っても同じことばかりを繰り返すじゃないか!」
「あれだけ報告・連絡・相談が大切って伝えてきたのに・・・」

近年、多くの企業様からこのような相談が増えてきているのを実感しています。せっかく一緒に、より成長しようと取り組んでいるのにもかかわらず、その思いが伝わらず、仕事の生産性低下に頭を悩ましている経営者も少なくありません。

決してそれは、コミュニケーション能力が足りないのではありません。みな、能力は持っているのです。何のために働いているかの“心のあり方”を見つめ、体系的な仕組みを知ることで、信頼関係を劇的に高めることが可能なのです。

この研修では、知識を手に入れるだけではなく、独自の“楽学(らくがく)メソッド”を用いた練習法で、実際にそれらのスキルを使えるようになり、日常業務により良い変化を起こすことを目的としてプログラムを構築しております。

効果
▷ 論理的に意見を述べられるようになる
▷ 相手が納得しやすい伝え方を学ぶことができる
▷ 相互理解のうえで「NO」と意思表示ができるようになる
▷ 感情のコントロールが安定するようになる

内 容

* 全体の6割が体感型ワークで構成されています。
* 1日研修をベースに構築しているため長時間へのアレンジも可能です。
① あなたと一緒にいて、人は安心できていますか?
 ▶ 人は「見た目は9割」の真実とは?
 ▶ 「わからせよう」とする前に「わかろう」としよう
② 相手の心を鷲づかみにする絶妙な聴き方
 ▶ 「主観」と「事実」を整理しよう
 ▶ 心が自然と開いてしまう聴き方
③ 相手の心を鷲づかみにする絶妙な伝え方
 ▶ 人は理性では動かないということを知ろう
 ▶ 「事実」「感情」「要求」を整理しよう
④ まとめ
 ▶ 振り返り
 ▶ 質疑応答
アサーティブCopyright (C) Energy Source. All Rights Reserved.

根拠・関連する活動歴

お客様の声
今までのコミュニケーションは伝えるのみで、相互理解からはほど遠かったと反省しました。少しずつ改めていきます。(自動車販売業 Fさん)
ワークをたくさん交えて練習をさせてもらえたので、とてもありがたかったです。明日から現場で取り組んでいきます。(金融業 営業 Gさん)
担当者としてオブザーブしましたが、この内容は全階層に受講して欲しいと心底感じました。(情報通信業 人事部 Tさん)

スタッフからのコメント

組合活動に於いて、時として「言いにくい」ことを伝える必要性も生じます。
労使、職場で、相手の心証を害する可能性が高いことを言わなくてはいけない場面が多々あります。

こうした課題を解決する解の1つが「アサーティブ・コミュニケーション」です。

リーダーにとってのアサーティブなコミュニケーションの実践・強化は、メンバーの指導育成の観点だけでなく、率直で風通しのよい組織風土づくりです。アサーティブなコミュニケーションを実際に体験してチームメンバーを指導するための具体的なコミュニケーション方法を是非!学んでください。
(労組担当:紀三井省次)

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.