「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

障がいを強みに変える子育て

紺野大輝 こんのたいき

『障がい者の就活ガイド』著者

想定する対象者

・教職員
・PTA

内 容

重度の身体障がい(当時2級)を持ちながら普通学級に通った講師が、
自身の体験談を交えながら、障がい児の可能性の伸ばし方について語ります。

<主な内容(例)>
・一生歩けない。4年間の入院生活
・みんなと同じことをしたい。小学校から普通学級へ
・3つの中学校-いじめ・両親の離婚-
・働くとは-社会の厳しさを知る-
・誰かの役に立ちたい。これが生きる喜び

根拠・関連する活動歴

【実績】
上田市教育委員会、大町市教育委員会、清川村教育研究会、瀬谷養護学校、横浜市PTA連絡協議会など多数。

・参加された教職員の方々の間で、大好評で、実体験に基づくお話が心を打ったようで、感動されていました。(企画担当者)

・参加者全員が感動し、皆さん子どもたちへの指導に役立てていきたいとの感想でした。(教育委員会・教育長)

・紺野さんの実体験をもとにしたお話、とても感動いたしました。また、今までの紺野さんの御苦労とともに、未来に向かって生きていくお姿に、私も見習うべき点が数多くあったように感じました。このことは、学校現場でも生かしていくことが出来るものと思っています。(中学校校長)

・心に響くお話を拝聴する機会をいただきありがとうございました。人が強くなるためには、いくつもの困難を乗り越え克服していく経験があってこそなされることだと思います。相手の立場を理解し、人の喜びを自分のこと以上の喜びとして感じ、多くの人の役に立てる大人になれるよう、子ども達を育ててまいりたいと思います。また、機会を見つけてお話を聴かせていただければと思います。(小学校校長)

・信じる心を持って教育する。人を頼り助け合うことで仲間をつくる。素晴らしい先生の生き方、考え方にふれ、また新たに厳しさと温かさをもって教育に向かいたいと思いました。(教職員)

・日頃の自分の考え方を変えて、生徒のために頑張ろうと思います。人の心を動かすのも人の心ですね。(教職員)

・「子どもを信じる」と同時に「自分を信じる」。やってみよう、やるだけのことはやってみようと思いました。(教職員)

・頑張って生きる姿は、人に勇気を与えてくれるのだなと実感しました。自分が人に勇気を与えられるような生き方をしたいと感じました。(教職員)

・1人で諦めずにチャレンジすることの大切さ、逆に仲間とともに支え合っていくことの大切さ、ともに感じました。これから、子どもたちにも伝えていきたいと思います。(教職員)

・これからの教育の中で大切にしていかなければならない内容で、大変今後の指導に参考となりました。(教職員)

・ご両親の厳しさがどんなに深い愛情に基づくものかということを実感しまた。そして、そんなご両親に育てられた紺野さん、ものすごく心の強い大きな器の方だなぁと思いました。たくさんのたくさんの経験が人生を豊かにし、人柄をつくるということを学ばせていただきました。親として勇気のいることでもあり、体力・工夫のいることでもありますが、1つ1つの経験は大きな財産であり、そしてそれが大きな自信につながることを教えていただきました。(PTA)

・生い立ち、今までの生きざまのお話とてもよく分かりました。みんなと同じことがしたいという小さいころの気持ち・・・。考えさせられました。今の私は、子供の気持ち、心の声、聞こえていない気がしました。“今やれることをやる”親である私たち、“今”を大切にできることをやれる子供、そのようにがんばりたいと思いました。(PTA)

・涙をがまんするのが大変なくらいに感動した講演でした。ありがとうございました。自分自身も子育てもまだまだできると思いました。(PTA)

・現在学校でも共生社会を目指したインクルーシブ教育がすすめられていますが、紺野さんの学齢期のお話を伺い考えさせられました。最初からできないだろうと考え配慮するのではなく、その方の想いを尊重し適切な配慮を考えたいと思います。(PTA)

・紺野さんのお話は障害のあるなしに関係なく生きていく上で必要なことが詰まっているようでした。紺野さんのような方が障害者と健常者とのかけ橋になってくださることを切に希望します。(PTA)

・お話の中で一番印象的だったのは「自分のため」だけでは力は発揮されない、「だれかのため」にこそ本当に力は発揮できるということです。楽しく明るくお話してくださっていましたが、ものすごく辛い体験をなさってきたからこその強さであろうと感じました。ありがとうございました。(PTA)

・最後の「今まで恵まれた人生だった」という言葉に今日のお話のすべてが込められていたと思いました。紺野さんの人柄が言葉ひとつひとつに生きていたので、あっという間に時間が過ぎました。障害をネガティブにとらえず常に前向きな生き方をされていることに心を打たれました。今日は本当にありがとうございました。(PTA)