「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

介護もできる放送作家が見た、
「介護&テレビ」 まるで違う2つの現場に共通する安全対策

宮内 見 みやうちみ

放送作家、レトルトカレー評論家、介護ヘルパー

想定する対象者

現場での安全を第一に考える管理者の皆様、実際に現場で働く方々

提供する価値・伝えたい事

安全意識の向上。

危険とはほど遠いと思わるテレビでも実は安全対策は非常に入念に行われています。テレビでは何が危険でどんな対策をとっているのか、実際の番組を例に笑いも交えつつお伝えいたします。

また祖母の介護をきっかけに介護の資格を取り、将来の起業を見据えて介護現場で働いた経験から、放送作家が見た介護現場の命に係わる安全対策についてもお話致します。

テレビのロケや実体験を通じた様々な業界の安全対策を知って頂くことで、ご自身の安全意識について考えるきっかけとして頂ければ幸いです。

内 容

1) 挨拶~自己紹介
2) 放送作家が見たロケ現場の安全対策
    テレビの裏側でスタッフは安全なロケ実行のため汗をかく
    *熱湯風呂の裏側
    *芸人を落とし穴にハメるドッキリの安全対策
    *鳥人間コンテストの安全対策
3) ロケ先の「アマゾン」で見た安全対策
    アマゾンの倉庫内では細部に至る安全対策が!
4) 介護現場での安全対策
    2年前から義父母の介護のために資格を取得。
    *放送作家目線で見た危険な介護現場
    *認知症の方の徘徊を止めた現場から学ぶ「気づき」の大切さ
5) まとめ

根拠・関連する活動歴

放送作家歴30年、介護を始めて2年。
放送現場や取材先、介護現場で見た安全への意識の違いを、放送作家らしくユーモアを交えつつ、柔らかくお話、お届けいたします。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.