「建設業」どんな会社でも実践できる小さい会社の人材育成法
~ 人がいないから大チャンス ~

小宮勇人 こみやゆうと

建設業専門 安全育成コンサルタント

想定する対象者

社員10名くらいの小さい会社で、「会議をしたが、うわべの意見しか出てこない」「働き方改革で休みを増やさないといけないが、社員の生産性が上がらない」「人材育成をしたいがどの様にしたらいいかわからない」「せっかく雇ったのにすぐ辞めてしまった」等で悩んでいる経営者

提供する価値・伝えたい事

人口減少によりこれから益々働き手が少なくなっていきます。
さらに建設業は若手に不人気。そういった状況の中、女性、高齢者、技能実習生の活用、IT活用により生産性を高めようとしますが、若い人が入ってこなければいつかは倒産かM&Aとなってしまいます。

人がいないからこそ、若い人達が「この会社で働きたい!!」と思えるような会社作りが、今後ますます重要になってきます。そこでたった3人の個人事業主の建築職人集団から、地域No.1の専門工事会社へ成長し、県外から就職依頼もきた実例等を交えながら、小さい会社の魅力的な職場環境作りのお話をさせていただきます。

内 容

(1)人がいない、建設業は不人気、だから大チャンス
・建設業はなくならないビジネス
・時代に不変なお金を生む価値あるスキル
・3人の職人集団から地域No.1の工事会社になるために具体的に行ったこと
・とっても簡単な社員が成長してしまう気付き教育「のみーティング」

(2)起業してわかった大切なこと「心の主導権」
・振り回されているサラリーマンのような社長になってはいけない
・権力支配による悲しいニュース
・結果の原理原則とやる気の質
・「心の主導権」を取るためのスキル磨きと環境作り

(3)「のみーティング」を行う前に
・なぜ「のみーティング」なのか?
・ほめて調子に乗せるから上手くいく
・感謝力を高めたいと思ってしまう効果的な伝え方
・自主性、責任感を育てる教えない教育

(4)DVD観賞
・観賞時の注意点
・自分事としてとらえ観てもらう
・DVD観賞
・会議でも使える全員に自分の意見を言ってもらう方法

(5)ビジネスとはそもそも何なのか?
・愚痴、不平、不満を言ってもらうから成長、発展につながる
・愚痴、不平、不満と言ってはいけない〇〇を区別する
・ビジネスとはそもそも何なのか?
・明日からどんなチャレンジをしていきますか?

根拠・関連する活動歴

明治大学理工学部建築学科を卒業後、10年にわたり建築の現場監督を 務める。延べ5,000人以上の個性的な職人さんを統率してきた経験を活かし、人材育成の専門家、セミナー講師として独立。
人材育成を通して、たった3人の個人事業主の建築職人集団から、地域No.1の専門工事会社へ成長・発展させ、売上げも前年対比1.5倍の実績を出す。
「3ランク上の建設業飲み会」 「最幸の最強チームを作る 笑みーティング」「しごとづくりネットワークin埼玉」などの交流会等の主宰や、飲み会を活かした研修「のみーティング」によって日々中小企業を元気にするために活躍中。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.