「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

さらなる一歩を踏み出そう! 
(講演&ピアノ弾き語り)

立木早絵 たてきさえ

シンガー・ソングライター

想定する対象者

小学生、中学生、高校生、年齢問わず、対象者さまに合わせて演奏します。

提供する価値・伝えたい事

目が見えない私がチャレンジしてきたこと。
これからの夢、ずっと支えてくれている家族のこと。
障害のある無しに関わらず、どんな人にも苦手なことはあるし、
みんな一人では生きていけないと思います。
家族や友達、周りにいる方々と、常に助け合い、支え合うことの大切さを
演奏を交えてお伝えできればうれしいです。

内 容

★自己紹介と地域の印象。

★24時間テレビについて
日本テレビの「24時間テレビ 愛は地球を救う」では、津軽海峡縦断リレー、トライアスロン、そしてキリマンジャロ登頂という大変なチャレンジをさせていただきました。キリマンジャロの企画は特に大変で、思い出深いものです。十数時間かけてドバイまで行き、そこからタンザニアまで5~6時間、更に国内線に乗り、バスに乗りということでまず移動が大変でした。山を登るのに体力ももちろん必要でしたが、それ以上に気力が一番不可欠。本当に辛くて涙が流れましたが、しかしイモトさんや周りのスタッフの方々のお力のお陰でなんとか登頂することが出来ました。山頂から望んだご来光は本当に感動的でした。顔いっぱいに太陽の光が広がり、徐々に温かくなっていくのが感じられました。私にとって大事な経験のひとつです。チャレンジの後には「世界の果てまでイッテQ!」でも紹介をしてもらいました。宮川大輔さんはとても優しくて、妹のようにかわいがってくれる素敵な方です。(笑)

★自分の考えやモットー、感謝の気持ちについて
目が見えないことは、走るのが遅いとかと同じように見ることが苦手という風に考えています。
そんな私に対して両親は、私がやりたいと思うことに何にでも挑戦させてくれました。兄がいるんですが、自然の山や川で一緒に遊んだりも出来たし、包丁とかも小さい頃から使い方を教えてくれた。家族としてもみんな明るいので、自分の前向きな性格もそんな家族のもとで培われていったのかなと思います。
障害のある無しに関わらず、どんな人にも苦手なことはあるし、みんな一人では生きていけないと思います。周りにいる家族や友達と常に助け合い、支え合うことが大切で、そのためにはどんな些細なことでも相手に対する感謝の気持ちを「ありがとう」と普段から伝えることが大切だと思います。

★トライアスロン完走について
普通、視覚障害者は二人乗りの自転車を使うのですが、私は先導してくれる自転車から発する音を聴きながら、普通の自転車で時には30キロの速さで走りました。スイムも子どものころから海でよく泳いでいたので大丈夫。視覚障害者が健常者と同じ条件で完走したのは世界で始めてだと後で知りました。

★こころのバリアフリーについて
障害者に対してあなたは壁を感じますか?という意識調査の報告があります。アメリカでは80%の人が「ない」と答えました。ドイツ(?)では60%が「ない」。日本では20%。日本ではまだ80%の人が障害を持つ人に対して何らかの壁を感じているということですね。日本では施設、設備などハード面ではバリアフリーがある程度進んでいますが、こころのバリアフリーはこれからなのかもしれません。

★■最後に
しんどいと思われることでも、そこに意味や楽しさを見出すようにしています。何事も一人で出来ることではないし、それは周囲の支えや協力があってこそだと思っています。それから、様々な出会いを大切にして、そんな感謝の気持ちを忘れてはいけないと思います。人権というと難しいけど、まずは自分の身近な人を大切にしていってください。
私はずっと目標にしていた音楽の道にすすむことができました。歌を通じて自分の思いや感謝の心を伝えていきたく活動ができていることが、とても嬉しいです。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.