「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

結 純子ひとり芝居『地面の底がぬけたんです』
~あるハンセン病女性の不屈の生涯~

結 純子 ゆいじゅんこ

舞台俳優

提供する価値・伝えたい事

18歳でハンセン病に見舞われた女性の衝撃を見事に描いたひとり芝居。手足の指を次々に失い、一晩で視力をなくした藤本としさんの生涯を女優の結純子が独演します。苦難に次ぐ苦難の生涯。でもそこに恨みつらみは語られません。苦難を突き抜けた人が語る言葉は重く、しかし実にさわやかです。ヘンセン病への理解を深め、患者・元患者の人権回復の一助になればと願い、全国で演じ続けています。

内 容

◎原作:『地面の底がぬけたんです』藤本とし(思想の科学社刊)
◎舞台は最もシンプルなかたちで、大道具などはいっさい使いません。照明と効果音だけを用い、女優の結純子がみずみずしい感性と豊かな表現力で語り演じます。
◎上演時間:1時間40分(休憩なし)
◎この芝居は加賀田一(長島愛育園元自治会長)、鶴見俊輔(哲学者)、筑紫哲也(ニュースキャスター)、岡部伊都子(随筆家)といった方々の賛同を得ています。

【藤本としの生涯】
藤本としは明治34年東京生まれ。縁談が整った18歳のとき、自分がハンセン病であることを知り絶望の淵に立たされる。数年後に相次いで両親を亡くし、自殺を図ったが果たせなかった。以後、療養所を転々とする間にも全身が麻痺し、47歳のとき失明。しかし、不自由な身であっても唯一感覚の残った舌を使って点字を読み、過酷な人生にもかかわらずいつも笑みを忘れず、病友にも慕われた。1987年岡山県の国立療養所巴久光明園で死去、86歳だった。

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.