講演は著作物の扱いとなる

自治体・行政の主催者様から、講演会の開催準備を進められる中で様々なご質問やご相談をいただきます。その中でも比較的多いものが、講演会の記録・取材の可否やその詳細に関する内容です。
一般的に、講演会や研修会、イベント等で講師が話した内容は、言語(口述)の著作物とされており(著作権法第 10 条第 1 項第 1 号)、著作権法で保護される対象となります。そのため、その使用目的に関わらず、著作者である講師に無断で講演の録音や録画を行う行為は違反であり、極端な場合では損害賠償責任を負うこともあります。

 

講演の記録・取材可否の一般的なパターン

弊社ではこの著作権上の問題に加え、講師側の希望や依頼条件を踏まえまして、録音や録画をお断りするケースも多いです。しかし、目的や用途によっては無料・有料にて許可いただける講師の方もいらっしゃいます。「依頼をした講師の規定や要望はどうなっているか?」については、講師決定後に弊社からお送りする企画書に同封しております「お願いと注意事項」でもご案内をしておりますが、比較的多く見受けられる一般的な可否の内容・詳細パターンについて、簡単に下記の表にまとめてみました。
*尚、聴講者によるカメラや携帯電話での撮影・記録は基本的に禁止されております。
主催者 報道関係者
写真撮影 ×】講師がNGの場合 ×】講師がNGの場合
ご遠慮願います。 ご遠慮願います。
】講師がOKの場合 】講師がOKの場合
講演開始から10分以内の範囲でお願いいたします。また撮影に際し、可能であれば
関係者と分かるよう腕章やスタッフジャンパー、ネックストラップなどの着用をお願いいたします。
講演開始から10分以内の範囲でお願いいたします。また撮影に際し、可能であれば
関係者と分かるよう腕章やスタッフジャンパー、ネックストラップなどの着用をお願いいたします。
録 音 ×】講師がNGの場合 ×】講師がNGの場合
ご遠慮願います。 ご遠慮願います。
】講師がOKの場合 】講師がOKの場合
後日文字お越しや貸し出し、インターネット上でのアップロード等の二次使用目的がなければ内部保管用として行って頂いても大丈夫です。
但し、演台にレコーダー等を置いての録音はご遠慮願います。
後日文字お越しや貸し出し、インターネット上でのアップロード等の二次使用目的がなければ内部保管用として行って頂いても大丈夫です。
但し、演台にレコーダー等を置いての録音はご遠慮願います。
録 画 ×】講師がNGの場合 ×】講師がNGの場合
ご遠慮願います。 ご遠慮願います。
】講師がOKの場合 】講師がOKの場合
後日文字お越しや貸し出し、インターネット上でのアップロード等の二次使用目的がなければ内部保管用として行って頂いても大丈夫です。
関係者と分かるよう腕章やスタッフジャンパー、ネックストラップなどの着用をお願いいたします。
講演の全部撮り、及び全部放送はご遠慮下さい。「行事取材」「ニュース撮り」ということであれば、講演の冒頭5分程度までの映像のみ撮影可能です。
放送の際は、講師本人の音声は流さず、映像にニュース原稿のナレーションを入れるスタイルでお願いいたします。
また撮影に際し、関係者と分かるよう腕章やスタッフジャンパー、ネックストラップなどの着用をお願いいたします。

上記はあくまで一例であり、主催者様ごとに状況は違うと思います。細かい内容やご不明な点などはお気軽に弊社担当者までご相談下さいませ。

自治体・公的団体・医療福祉・学校向け 講師ガイドブック


システムブレーンは創業以来40年以上、講演会事業についてこれまでに培った豊富な情報とノウハウを、皆様に提供し続けて参りました。常に変化を続ける社会・市場の環境、主催者様・聴講者様の関心やご要望、課題にお応えするため、常に情報収集に努め、一冊のガイドブックにまとめました。今回も、12項目のジャンルに対応すべく、総合冊子として作成致しました。弊社サイトで非公開の講演料の目安も掲載しています。無料進呈しておりますので、お気軽に問い合わせフォームよりご請求ください!

合わせて読みたい

講演のお礼状・お礼メールの書き方~そのまま使えるテンプレート付き~

講演・セミナー開催後、講演いただいた講師の方や参加していただい…

経理担当者必見、講演料の源泉徴収の計算方法

給与支払いの際にも、何らかの報酬を支払う際にも必要な源泉徴収。…

【テンプレート有】セミナー?講演依頼メールの作成方法と注意点

講演・セミナーを開催するにあたり、講師を招く場合は講演依頼のメ…


 他の記事をみる