新人研修の準備をしていると、どんな研修計画を立てれば良いか悩んでしまうことがあります。せっかく研修を行うなら、参加者が目的意識をもって理解し、実践できるような内容なカリキュラムにしたいものです。
そこで、本記事では、新人研修で取り上げるべき内容やカリキュラム立て方など、新人研修のカリキュラムを立てる際に知っておくべき情報をまとめて紹介します。

カリキュラムの必要性と基本的な考え方

研修のカリキュラムは家の設計図のようなものです。設計図がなければ、でたらめな構造になり、家自体も成り立てません。どのような目的があり、どのような内容で構築していくのか、研修の全体像を具現化するためにもカリキュラム=設計図は必要です。
カリキュラムの基本的な考え方は、まず「誰が・いつ・どこで・なぜ・何を・どうやって学んでいくか」というように、5W1H型に落とし込むことです。

例えば、

誰が(Who):○○年度入社の新卒社員
いつ(When):〇月△日、10:00~12:00
どこで(Where):本社のセミナールーム
なぜ(Why):商品販売スキルを身につけるため
何を(What):セールストークのスキルを学ぶ
どうやって(How):ロールプレイングを通して実践練習を行いながら定着を図る

というように、5W1H型に落としこむことで、より研修の内容が明確になり、参加者にしっかりと成果物を持ち帰ってもらえるようになります。

カリキュラムの立て方

では実際にカリキュラムを立てるには、どのように行えばよいのか、手順を解説します。

1.習得させたいスキルや目標をリストアップする

研修の最終目標、スキルをリストアップしていきます。その中で、身につけてほしい知識やスキルを洗い出していくようにします。

例えば、ビジネスマナー研修をするなら具体的に「敬語」「名刺交換」「身だしなみ」といったように項目を出していきます。その後、現場の業務に落とし込みながら、それぞれの項目を習得させるゴールを決め、必要な研修内容を精査することで、より現場に即した内容にすることができます

2.実施期間を決める

一般的に新入社員研修というのは新入社員が入社した直後に行われます。2週間や数か月など、取り組む期間は企業によってさまざまです。OJT研修の場合には入社半年後から1年ほど時間をかけて行うものもあります。

このような期間の違いは研修の内容や方法の違いです。一般的な研修実施期間を参考にしながら、自社の研修内容や社員の状況に合わせて必要な研修期間を決めていくようにします。

3.研修内容を決める

研修内容は、電話対応や接客など社会人として必要な基本的スキルから、ITスキルやマーケティング能力などの応用的スキルまで幅広くあります。業種や配属部署、会社が抱える課題などを考えて、内容を選ぶ必要があります。ここでは基本的な3つのスキルを紹介します。

①一般的なビジネススキル

仕事を進める中で必要なスキルはいくつかありますが、その多くは新入社員にとっては初めて出会うものばかりです。ビジネスマナーや接客など社会人としてこれだけは身に付けたいスキルが、この一般的なビジネススキルです。具体的にはどのような内容があるのかを見ていきます。

ビジネスマナー

お辞儀の仕方や席次、名刺交換の方法、敬語、来客への対応、身だしなみ、といったものはどれも社会人として基本的な知識やスキルです。研修を成功させるためには、座学でただレクチャーするだけでなく、研修内容によって手法を変えることです。名刺交換なら新入社員同士でロールプレイングを行ったり、お辞儀の仕方などはカメラで撮影しあって自分で確認させてみてもよいでしょう。

電話対応

多くの企業が新入社員の仕事として、電話対応を行っています。社外の人ともやり取りの多いものであり、企業の印象や顧客満足度に直結するとても大切なスキルです。
「電話対応」では基本の電話対応の流れや気を付けるべき言葉遣い、メモの取り方といったものを指導していきます。覚えてほしいスキルについては電話時に確認できるチェックリストの配布し、ロールプレイングする方法もおすすめです。

文書スキル

どんな業種においてもメールや書類を作成するといった業務は発生します。ここでは、基本の挨拶文や本文の書き方、言葉遣い、避けるべき表現などを学びます。実際に使用できるフォーマットを提示するだけでなく、文書やメール作成の課題を用意して、添削をすることで、より実践的知識を身につけられます。

②社会人としての知識・スキル

新入社員のほとんどは、ほんの数週間前まで学生だった人たちです。学生気分から社会人としての自覚をつけるために、社会人としての最低限必要な知識、また自社の理念やピジョンを理解してもらう必要があります。具体的には以下のようなものがあります。

企業の理念及びビジョン

自社の企業理念や目標、事業計画といった社会に貢献する企業としての立場や考え方を理解させるとともに、経営や経済の構造についての知識を教示します。座学での方法が一般的ですが、経営者と膝を並べて座談会形式で企業のビジョンについてざっくばらんに話し合う機会を設けてみてもよいでしょう。

ロジカルシンキング

社会人になると、論理的に考え、伝達する能力が求められます。①情報を整理して、➁結論を出して、③明確に相手に伝えること、それがロジカルシンキングです。ロジカルシンキング研修では、3ステップに分けて、それぞれのプロセスを学びます。原理を学んだ後に、実際にメモの取り方や報告時のロールプレイングなどの課題を出して、スキルの習得を図ります。

コンプライアンス

コンプライアンスは今やリスクマネジメントやCSRの観点からとても重要視されるものです。企業倫理や事業に関連する法令について指導するとともに、学ぶ必要性を理解させるためにも、違反するとどうなるのかという具体例も提示したり、事例研究をしたりするのが効果的です。

③部署ごとの専門的スキル

新入社員の配属先が決まったら、できるだけ早く部署内で必要となる専門的知識を身につける必要があります。知識がないと仕事も思うように進められません。そこで、以下のような研修が効果的です。

マーケティング

ABC分析やSWOT分析など、マーケティングの考え方を学ぶだけでなく、市場調査のやり方やインターネット・テレビ・新聞の広告方法、メディアミックスの方法など実践的な手法を学びます。

ITスキル

テレワークが進み、オンライン会議や営業が主流となる中、webツールの使い方やワード・エクセルの使い方など基本的なPCの操作スキルに加え、必要な情報を見分け、安全に活用するITリテラシーの能力も重要となってきます。ITスキルでは基本的な操作からインターネット構造、セキュリティ対策、インターネットの有効活用について学びます。

4.研修計画表を作成する

研修を実施する際には研修計画表を作成して、漏れが無いようにします。表はExcelで作成し、時間・期間、教育対象者、教育目的・目標、教育内容、講師などいった項目を入力します。会社既定のフォーマットがある場合もありますが、オリジナルで作成が必要な場合には、自作するだけでなくテンプレートをダウンロードして必要事項を付け加えるのも良いでしょう。
おすすめのテンプレート・ダウンロード先 (参照サイト)を紹介しておきます。
研修計画書テンプレート
研修企画書テンプレート

カリキュラムを立てる際の注意点

カリキュラムを立てる際に気を付けておくべきポイントをまとめました。

  • 早めから準備やスケジュールの調整をしておく
  • 研修内容が適切か判断するために、前年の参加者へのヒアリングをしておく
  • 講義だけでなく、テストやロープレなど実践の場も入れる
  • 内容を詰め込みすぎない
  • 内部か外部委託にするかは予算や状況に応じて判断する

このように、カリキュラムはポイントと内容さえ押さえていれば、難なく作成することができます。弊社では、研修の目的や目標、予算に合わせて、オーダーメイドでカリキュラムを組み、必要な講師を派遣することができます。コロナ禍でオンラインでの対応も可能ですので、お気軽に問合せフォームよりご連絡ください。

SBの新人研修は
集合型でもオンラインでも開催可能!

企業の未来の戦力となる新入社員の研修は弊社にお任せください!
コミュニケーションやモチベーション、リーダーシップなどさまざまなプランを、集合型・オンライン型で開催できます。
オーダーメイドでカリキュラムも組むことができますので、無料相談フォームよりお気軽にご相談ください。

無料相談フォーム

あわせて読みたい


【講師コラム: 梶浦正典著】
新入社員が自ら主体的に成長できる職場コミュニケーションスキル

高い理想を持って入社してくる新入社員や若手社員の中には、その理…

SB厳選!新入社員・若手組合員向け研修プラン
【ビジネスマナー】

新型コロナウイルス、働き方改革、事業のDX…。さまざまな変革の…

【講師コラム: 高村幸治著】
上司・先輩から可愛がられるコミュニケーション術

社会人としての生活がスタートしたばかりの新入社員がスタートダッ…


 他の記事をみる