古希を過ぎてもパワフルに活躍する辺見マリさんの生き方

1970年に『経験』『私生活』などヒット曲を飛ばし、人気となった歌手・辺見マリさん。現在も音楽活動の傍ら、テレビや舞台、講演活動などで活躍を続ける辺見さんが、6月10日放送の「徹子の部屋」に出演されます。

辺見さんは、1969年『ダニエル・モナムール』でデビュー。『私生活』『めまい』などヒット曲を次々とリリースし、1971年に結婚のため芸能界を一時引退。1973年に長男・鑑孝さん、1976年に長女・絵美理さんを出産後、1979年にCX「ズバリあてましょう」の司会で芸能界復帰を果たします。以後、ミュージカルやショーを中心に音楽活動を続けながら、写真集やダイエット本、エッセーなどの著作を手掛け、現在も活躍し続ける辺見さん。
弊社の講演では、これまでの芸能活動や家族との関係、ダイエットのことなど多彩な内容で語り続け、幅広い世代の聴講者から好評を得ています。

そんな辺見さんですが、昨年古希を迎え、当番組にはグレイヘアで登場。おととしは右足首骨折に続いてインフルエンザ、昨年は心不全と、ここ最近、さまざまな病苦にさいなまれていたことを初告白。そのおかげで自分の人生を改めて見つめ直すことができたそうです。70代になっても衰えることなくパワフルに活躍する辺見さんの前向きトークに、ご期待ください!

放送日:2021年6月10日 13:00~

辺見マリ

歌手

タレント・芸能関係者

1969年『ダニエル・モナムール』でデビュー。以来、『経験』『私生活』『めまい』と次々とヒット曲をだし、不動に人気を得る。現在は、歌手やテレビタレントの他、ミュージカル等の舞台など、幅広く活躍している。

プランタイトル

ご相談下さい

講師プロフィールへ移動