初のメダル獲得なるか!?弊社講師・香西宏昭選手の活躍に期待が高まる

現在開催中の東京パラリンピックで注目を浴びている競技の一つに車いす男子バスケットボールがあります。9月1日には準々決勝に勝利し、初のベスト4進出を決めました。

9月1日の試合では、2018年世界選手権3位の強豪、オーストラリアと対決。第1クオーターでは同点に終わり、第2クオーターでは弊社の講師でもある香西宏昭選手が得点を量産します。第4クオーターで2点差まで縮められますが、堅い守りをキープ。初のメダル獲得に駒を進めました。この試合で香西選手はチーム最多20点の得点を上げ、勝利に大きく貢献しました。この試合終了してから葛西選手のTwitterフォロアー数が1800までに増加し、ご本人も「びっくりしている」とのこと。SNS上でも大きな盛り上がりを見せています。

9月3日の準決勝では同世界選手権で金メダルに輝いたイギリスと対決します。試合時間は20時45分より、NHK総合テレビでライブ中継されます。
弊社も香西選手を全社一丸で応援します! ぜひ香西選手の活躍をご覧ください。

パラリンピック 車いす男子バスケットボール準決勝
日本 対 イギリス
放送時間:2021年9月3日 20時45分~
放送局: NHK総合テレビ

★追記★初めて進んだ決勝で日本勢初の銀メダル獲得!

先週お知らせしました9月3日の準決勝で日本勢はイギリス勢に見事勝利し、9月5日の決勝に臨みました。決勝の相手は、前回のリオデジャネイロ大会で金メダルを獲得したアメリカです。

第1クオーターの序盤で日本は先制攻撃をかけるものの、スピードあるアメリカに追い上げられ、18対18の同点に終わります。
第2クオーターでは、アメリカに追い上げられ、27対32と5点差で前半を終えました。
後半の第3クオーターでは、日本の粘り強い守備と速攻が功を奏します。第3クオーター中盤で、香西選手のシュートが決まり、39対39の同点に。その後、鳥海連志選手がシュートを決めて、46対45と1点差リードで次の第4クオーターに進みます。
第4クオーターでは、一進一退の激しい戦いが続きます。しかし、最後にアメリカのセリオ選手にフリースローを決められ、60対64と4点差で惜しくもアメリカに敗れました。とはいえ、日本勢はパラリンピックにおいて初決勝進出に初の銀メダル獲得。車いす男子バスケットボール史上初の快挙を成し遂げました。

試合終了後、メディアの取材に対し、香西選手は、初の銀メダルの獲得について「まだ実感はない」としながらも、「初日のコロンビア戦から1戦1戦成長していくチーム。若い選手たちも躍動し、ベテランの選手たちもそれに負けじと、それぞれ役割を果たしてきた12人だったと思う」と今期の試合を振り返りました。
決勝後、香西選手のTwitterフォロアーは4,700以上にまで急増。その数はまだまだ増えていきそうな勢いです。
香西選手のリオ大会からこれまでの苦労と努力については、弊社の講演で聴講することができます。ご興味を持たれた方はぜひ弊社までお問い合わせください!

香西宏昭

プロ車椅子バスケットボール選手

スポーツ関係者・指導者

1988年生まれ。先天性両下肢欠損(膝上)。小6で車椅子バスケットボールと出会う。日本代表選手として、08年北京、12年ロンドン、16年リオデジャネイロの各パラリンピック3大会出場。20年の東京パラリンピックへ向けて挑戦中。ドイツ・ブンデスリーガ「RSV Lahn Dill」所属(プロ契約)。

プランタイトル

世界で認められる選手になる。その誓いが今も駆り立てる。
~2020年東京パラリンピックへ向けて日々挑戦中!!

講師プロフィールへ移動