Excelのウラワザで年間250時間を浮かせる方法


井上龍司 いのうえりゅうじ
中小企業診断士
慶應義塾大学卒業後、外資系コンサルティングファームに入社。以来、10年以上コンサルティングの最前線にて活躍。ロジカルシンキング、ドキュメンテーション、プレゼンスキル等セミナー・研修の実績多数。著書に『誰でも使えて成果が出る 外資系コンサルタントの仕事術』等。


今回、お客様より「ZOOMでExcelのコツを学べるセミナーを行いたい」とご相談頂き、井上龍司さんをご紹介し、開催が決定致しました。

6月にZOOMでお客様・井上龍司さん・SBの3者打合せを行い、音声や画質の確認とともに、セミナーの進行方法、内容の具体的な打合せをしました。
井上さんにはとても真摯にご対応頂き、資料もお客様に合わせて作り込んでいただきました。

●音声について
前半、音割れがあり、参加者からもチャットで指摘がありました。
ホストからの指示で講師が画面オフにすることで、少し改善し、
その後参加者にワークをやって頂いている間に、
井上さんにマイクの感度を調整して頂いたことで改善。
後半はクリアに聞こえるようになりました。

打合せ時及び、講演開始前(参加者入室前)に少し喋って頂いたときはよく聞こえていたので心配をしていなかったのですが、
参加者がある程度入室した後に音声チェックの時間をとって頂けば良かったと反省しました。
また、音割れはある程度長い間喋って頂かないと気付かないので、
尚更、入念な確認が必要だと改めて感じました。
※今回、参加者が300名を超えたので、音割れはその関係もあったのかもしれません。

音質は、ウェビナーの満足度にも非常に重要だと思うので、
今後は入念に音声チェックを行って頂くようアナウンスが必要だと思いました。


 


●講演内容
1.表作成を高速化する Excel ショートカットキー
2.計算ミスを避けるためのノウハウ集
3.より見やすい表を作るためのノウハウ集
4.質疑応答

参加者の方に実際にExcelを使って実践して頂く時間もあり、実践的で分かりやすい内容でした。

画面共有を用いて、実際に講師がExcelを使用する場面を見て頂くシーンもあり、飽きずに聞くことが出来ました。

参加者からはチャット機能を用いて、適宜質問を頂いたので、
最後にまとめて時間を取って頂き、チャットで来た質問にも丁寧に答えて頂きました。

Excelは主催する企業様や参加者の業務内容によってレベル感が様々です。
今回の件も、一番最初に井上さんに考えて頂いた内容は、レベルが易しすぎるとして、
かなりお客様の現状に合わせてカスタマイズして頂きました。
その結果、参加者のレベル感に合った、内容になったようです。