人口減少や超高齢化が課題となる中、地域経済の活性のために地方創生の政策が重要になっています。日本はそれぞれの地域の集合体です。都市と地方の格差や地域金融機関の役割を含め、持続可能な地域社会の実現に向けて取り組む必要があります。
地域を元気にするために、どうすればよいのか、考えるきっかけになるでしょう。

地域から日本を変える!これからの企業のあり方

伊藤聡子 いとうさとこ
フリーキャスター
事業創造大学院大学客員教授
キャスター、コメンテーターとして、報道情報番組などに出演中。「地域経済の活性化が、日本の元気を取り戻す鍵」が持論。地域をイキイキと輝かせるヒントを、メディアや講演を通して伝えている。震災、円高、エネルギー不足、財政難、少子高齢化、産業の空洞化など、テーマも多岐にわたる。

「地域の活性化が日本の元気を取り戻す鍵」  地域経済が自立し、活性化するために必要な視点とは?  地方に根ざした企業の独自の取り組みや人々のくらしをご紹介しながら、  地域をイキイキと輝かせる企業の在… (続きを読む)

いのち輝く未来社会のデザイン 
~1970年大阪万博から2025年大阪・関西万博に向けて~

橋爪紳也 はしづめしんや
大阪府立大学研究推進機構 特別教授
大阪府立大学大学院 経済学研究科 教授
大阪府立大学観光産業戦略研究所 所長
京都大学大学院、大阪大学大学院修了。工学博士。創造都市や都市文化施設、商業施設など総合的な研究を展開。観光政策の立案、市民参加型のまちづくり、地域ブランディングなどを実践。また、関西の都市政策や都市文化を研究し、大阪府と大阪市の特別顧問として万博誘致に構想段階から携わる。

大阪で開催されたアジア初の1970年日本万国博覧会(大阪万博)にあって、私たちは、科学技術に依拠した「進歩」に加えて、「調和」と いう価値観を世界に訴えました。  2025年日本国際博覧会(大阪・関西… (続きを読む)

地方の再生と日本の将来

片山善博 かたやまよしひろ
早稲田大学公共経営大学院 教授

東京大学法学部卒業後、自治省に入省。自治省国際交流企画官、同省固定資産税課長などを経て、1999年 鳥取県知事当選、2003年 鳥取県知事再選、2007年任期満了に伴い退任、同年 慶應義塾大学教授に就任。2010年9月~11年9月まで総務大臣。現在、早稲田大学公共経営大学院 教授。

総務大臣や鳥取県知事などを務めた豊富な経験から、国の政治のあり方や地方自治、教育問題などについて語る。 ・現政権の是非 ・鳥取県知事時代 ・国政の現場とは ・予算の理不尽さ ・地震の対策 ・メンタルヘ… (続きを読む)

地域自立型の国づくり
~未来のあるべき国の形~

橋本大二郎 はしもとだいじろう
前 高知県知事

2007年 任期満了に伴い高知県知事(4期5選16年)を退任。国が地方の隅々にまで目を配る中央集権型の体制を改め、財源と権限の移譲を受けた地方が、自らの知恵と努力と責任で将来を決められる「地域自立型の国づくり」を目指す。2014年4月~2018年9月 テレビ朝日「ワイド!スクランブル」のキャスター。

地域から日本を変えるために今、できること。

田中康夫 たなかやすお
作家
元長野県知事
一橋大学在学中に『なんとなく、クリスタル』で文藝賞を受賞、100万部を超えるベストセラーとなる。その後、長野県知事(第15・16代)、参議院議員(1期)、衆議院議員(1期)を歴任。現在、作家として多方面で活動。2015年に一般社団法人「ワイアンドティ研究所」を立ち上げ、代表理事に就任。

日本が黄昏だと思い込みがちな聴衆に、勇気と希望を与えるポジティヴな内容でお話しするのが基本です。 これからの超少子・超高齢化社会ニッポンを如何に生き抜くかを軸に、行政職員や経済団体幹部向けの話しだけで… (続きを読む)

地方から国を変えるということ~橋下改革の実相~

橋下 徹 はしもととおる
元 大阪府知事、元 大阪市長

38歳で大阪府知事に就任、その後大阪市長、国政政党代表などを歴任。
2015年12月に政界引退し、現在はテレビ番組出演や講演、執筆活動等多方面で活動中。


どげんかせんといかん!この日本!

東国原英夫 ひがしこくばるひでお
元 宮崎県知事
前 衆議院議員
宮崎県知事就任後は、独自の感性と行動力で宮崎県勢の発展に尽力し、常に地方の代表として全国に情報を発信し続け、数々の賞を受賞、改革派の知事として高い評価を得た。その後、宮崎県知事を1期にて退任し、国政に進出。2013年12月に衆議院議員を辞職。現在はメディアや政治行政の場で活躍。

宮崎県知事選挙に立候補後、無所属での選挙、就任直前の鳥インフルエンザ問題、オール野党の議会、2010年の口蹄疫問題等、様々なピンチを乗り越えた東国原知事。 様々な経験で得た生き方・考え方を軸に企業を引… (続きを読む)

地方創生~武雄市の実例から~

樋渡啓祐 ひわたしけいすけ
樋渡社中株式会社 代表取締役社長
(一社)全国空き家バンク推進機構理事長
前 佐賀県武雄市長


元気なニッポンのつくり方
~日本を立て直すのは地方の力~

木村俊昭 きむらとしあき
東京農業大学総合研究所 教授・博士(経営学)

小樽市入庁後、産業振興課、企画政策室などに勤務。歴史的建造物を活用した全国初のライトアップや、「ガラスの街小樽」のブランド化に成功するなど、街おこしの手腕が高く評価される。その後、内閣府、農林水産省等で地域再生に携わる。著書『地域創生実践人財論―真心・恕・志ある汗かき人たち』など。

企業経営者、経営層、地域活性に興味のある方 (続きを読む)

情報発信と食のブランド化

宮川俊二 みやがわしゅんじ
キャスター

早稲田大学卒業後、NHKに入局。1993年に依願退職。現在は、報道・情報・クイズ・バラエティー等多方面で活躍。講演テーマに「ニュースの目~報道キャスターの裏側」、「地方創生~食と情報発信」、「世の中を読み取る力~正しい判断を導く為の情報マネジメント」、「今、求められる消費者の自立」等。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格を取得し、自らワインに合う料理を作るなど、食に対する関心が深い。 公式ブログでは、ちょっと粋なワイン&グルメブログ「キャスター宮川俊二のやさいな生活」と題し… (続きを読む)

地域主権と地方経済

北川正恭 きたがわまさやす
早稲田大学名誉教授
早稲田大学マニフェスト研究所顧問
達成目標、手段、財源を住民に約束する「マニフェスト」の提唱者。三重県議会議員(3期連続)、衆議院議員(4期連続)を務める。1995年には三重県知事に当選(2期連続)。現在、早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所 顧問​、「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調) 代表を務める。

【行政経営改革入門―経営品質の活用と地域経営 2006/2岡本 正耿 (共著)より】 「管理」から「経営」へのパラダイム転換。住民本位・住民主体の地方行政確立に向けた取り組みをいかに進めるか。経営品質… (続きを読む)

地方創生にかかわる中小企業の役割

野田万起子 のだまきこ
HumanDelight株式会社 代表取締役社長

地域金融機関と中小企業におけるビジネスマッチングの取り組みを中心に、20年以上、全国の地域金融機関への支援業務に携わる。近年、地方自治体の地方創生プロモーションの支援に従事する一方、経済産業省「女性起業家等支援ネットワーク構築事業」にも取り組んでいる。

産業クラスターには何が必要か ~世界の宇宙産業から学ぶ

山浦雄一 やまうらゆういち
山浦技術経営士事務所(Vision Y) 代表
筑波大学 客員教授
元 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 理事
JAXAにおいて、日本の宇宙開発の失敗と成功と飛躍を、エンジニア、マネジャ、経営者として約40年に亘り実体験してきたエキスパート。受講者の関心領域・年齢層などに応じ、プロジェクト管理、イノベーション、国際協力、発想転換、人材育成、夢実現などの幅広い切り口から平易に語る。

■地方でクラスターを興し円滑に機能させるためには、「若い人材を呼び込み育成し担い手とするまでの好循環」を生み出す環境・文化の構築が、一つの鍵となります。地方再生に繋がります。 ■講演ではまず、私が米国… (続きを読む)