1月9日のネットニュースに、このようなニュースが出ていました。

サクラマスとニジマス交配「ニジサクラ」うま味好評 ブランド定着目指し養殖マニュアル作成へ

現代社会は多様な情報化によって、離れていてもさまざまな情報を自宅にいても得られようになりました。
そのような中、少しでもその地域の持つ特色を出していくことが必要不可欠となっていると思います。

それが地域ブランドを作り出すことではないでしょうか。

ブランドを作り出すことで、現地に訪問していただくも良し、ネットを通じて加工商品を買っていただくも良し、さまざまな形で経済効果を生み出すことが可能かと思います。

そういったアイデアを、この方は多くの事例とともにお持ちです。

是非そのアイデアを参考に、わが町のブランドづくりを考えてみてはいかがでしょうか。

北村 森 きたむらもり
商品ジャーナリスト
株式会社ものめぐり 代表取締役
日経ホーム出版社在職時に、ホテル・旅館・飲食店の覆面チェックをはじめとした、数多くの商品テストに携わる。その後、『日経トレンディ』編集長を経て、2008年より商品ジャーナリストとして活動を開始。“ヒット商品から学ぶ最近のトレンド、これからの売れ筋商品”などをテーマに、年間およそ50回の講演を行う。


合わせて読みたい

経営者必聴の働き方改革セミナー【経済団体向け講演プラン】

2019年4月から順次施行されている「働き方改革関連法」。時間…

経営者必聴のAI・ICTセミナー【経済団体向け講演プラン】

文章生成AI・ChatGTPの登場は、さまざまな業界に大きな波…

経営者必聴の時局・経済・国際情勢セミナー【経済団体向け講演プラン】

常に時勢に影響される経営において、経営者は最新の時局・経済や国…


 他の記事をみる