大人に代わって家事や家族の介護・世話を行っている18歳未満の子供「ヤングケアラ―」。厚生労働省と文部科学省が2021年1月に開催した実態調査によると、「世話をしている家族がいる」という生徒の割合は、中学生が5.7%、全日制の高校の生徒が4.1%もおり、その6割以上が「だれかに相談した経験がない」という結果も出ています。
このようなヤングケアラ―が孤立することなく、社会全体で支援していくためにも、地域の理解が必要です。地域で、そして社会でヤングケアラ―を考えるきっかけとなれる講演プランを3つご紹介します。

 

■目次

 

石川結貴 いしかわゆうき

ジャーナリスト

ヤングケアラー~「家族を背負う」子どもたちの現状と課題

厚生労働省と文部科学省の実態調査(2021年)では、中学生の約17人に1人(5.7%)、高校生の約24人に1人(4.1%)が、「世話をしている家族がいる」と回答。1日のうち家事や介護などのケアに要する平均時間(平日)は、中学生で4時間、高校生で3.8時間に及んでいます。実際に講師の二人の甥(実兄の息子)が、かつて「ヤングケアラー」でした。当事者の苦悩を身近に見てきた者として、また長年にわたり家族問題を取材してきたジャーナリストの立場からも「ヤングケアラー」の実態を報告し、今後の社会的課題や解決策について聴講者の皆さんとともに考えていきます。

人権・平和 男女共同参画

主催者様からの声

具体的な内容で、かつ分かりやすいので、とても実のある研修会となりました。

講師プランへ移動

落合恵子 おちあいけいこ

作家
クレヨンハウス主宰

子どもたちは、いま
~介護を担う子どもたち~

家族にケアを要する人がいる場合に、本来大人が担うような家事や家族の世話、介護などを日常的に行っている18歳未満の子どものことで、子どもらしい生活ができなかったり、学業への影響が出る等、問題になっています。自身の介護体験と、ヤングケアラーのひとたちへの取材を通して、子どもたちに実際に起こっている、経済、身体、心理、社会的な問題の実態と解決策などをお話いたします。

人権・平和 福祉・介護 教育・青少年育成 男女共同参画

主催者様からの声

感動されて涙ぐんで帰られた方もおられるほど、素晴らしいお話を頂きました。

講師プランへ移動

木村泰子 きむらやすこ

大阪市立大空小学校 初代校長

「みんなの学校」が教えてくれたこと

「すべての子どもの学習権を保障する」という理念のもと、教職員や地域の人たちの協力で設立された大阪市立大空小学校。大空小学校では、いじめや家庭問題などなどの原因で不登校になった子どもたちも通い、不登校児が0になったそうです。そんな大空小学校の初代校長である木村泰子が、教職時代に見てきたヤングケアラ―の子供たちの実態や子どもたちが抱える問題をお伝えし、ヤングケアラ―やその家族を孤立させないために、周囲の大人や学校、地域ができることをお話しします。

教育・青少年育成

主催者様からの声

木村先生の講演は、管理職の先生方の目線に立った本当に刺激的なお話でした。
叱咤激励をうけ、大きなパワーをいただけたのではないかと思います。
今、この時期にお話を聴けたことは、大きな財産となりました。ありがとうございました。

講師プランへ移動

 


システムブレーンは創業以来40年以上、講演会事業についてこれまでに培った豊富な情報とノウハウを、皆様に提供し続けて参りました。常に変化を続ける社会・市場の環境、主催者様・聴講者様の関心やご要望、課題にお応えするため、常に情報収集に努め、一冊のガイドブックにまとめました。今回も、12項目のジャンルに対応すべく、総合冊子として作成致しました。弊社サイトで非公開の講演料の目安も掲載しています。無料進呈しておりますので、お気軽に問い合わせフォームよりご請求ください!

「自治体・公的団体」 特集ページ へもどる