コロナ禍で外出が難しくなるなか、注目されるようになったシステムのひとつがオンライン講演です。
配信ツールを使ってオンラインで講演を行うことができるため、取り入れる企業が増えています。
そんなオンライン講演とはどのようなものなのか、その定義ややり方、料金などを徹底解説いたします。

1.オンライン講演とは?

一定数の人数が集まる会場に、講師を迎えて話をしてもらう講演。
これをweb上の配信ツールを利用して行うのがオンライン講演です。
オンライン講演にはメリットも多く、利用者数も増えています
そんなオンライン講演(セミナー)ですが、同じようなもののなかにウェビナーやwebセミナーといった名称のものがあります。
次の章ではオンライン講演とウェビナー、webセミナーとの違いについて解説します。

1-1.ウェビナー、webセミナーとの違い

ウェビナーはwebセミナーから作られた造語で、この2つの言葉は同し意味として使用されます。
一方、オンライン講演ですが、実はこの2つの言葉と明確な違いがあるわけではありません。使用するツールによって名称が変わったり、実施する企業によって異なったりするのです。ただし、一般的にオンライン講演は、教育や研修の講演やセミナーをさす意味合いでよく使用されています。

それに対し、ウェビナー・webセミナーには企業の集客セミナーの意味も含まれています。
また、web会議ツールのZoomのオンラインセミナー用ツール「Zoomビデオウェビナー」を「ウェビナー」と指すこともあります。

2.オンライン講演のメリットとデメリット

オンライン講演には、従来型のリアル講演と同じようにメリットとデメリットがあります。
主催者側・聴講者側、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

2-1.主催者側のメリット・デメリット

【メリット】
・通常(リアル)開催に比べ、国内外場所に制限されることなく多くの参加者を集めることができる
・コロナ禍において3密回避が可能
・録画したものは、後から編集が可能。
・通常開催にかかるような会場費や講師の旅費、資料の印刷など会場運営に関するコストをカットできる。
・オンラインではライブ配信ツールなどによりチャットやアンケート機能を使ってより聴講者の声を拾うことができ、聴講者との距離が近くなる。

【デメリット】
・通信トラブルなどで講演が中断してしまうことがある。
・聴講者のリアクションがわかりづらい。

通常(リアル)開催の講演に比べてより多くの人が聴講可能になるオンライン講演は、大きな会場を必要とせず低コストで開催することができます。
配信中に通信トラブルが起こる可能性もありますが、オンデマンド配信などを行うことで、聴講している人をフォローすることも可能です。

2-2.聴講者側のメリット・デメリット

【メリット】
自分の都合の良い時間と場所で聴講が可能
・会場に足を運ぶための時間や交通費がかからない
・オンデマンド配信ならば自分のペースで何度も繰り返して視聴することができる。
・チャット機能や質疑応答機能などで、通常開催よりも気楽に質問ができる。

【デメリット】
・インターネット環境が整っていないと聴講できない。
・自由な環境で受けられる反面、集中力を保ちにくい。

聴講する人は遠くの会場に足を運ぶ必要がなく、交通費の削減ができたり、移動時間を節約したりことができます。
インターネット環境を整える必要はありますが、特別なものが必要なわけではなく、普段使っているスマートフォンやPCなどで聴講することができます。

3.オンライン講演の種類と方法

オンライン講演にはいくつかの種類があります。
どのような種類があるのか、その方法をそれぞれ解説するとともに、弊社のプランもあわせて紹介します。

3-1.ライブ配信型

講演をリアルタイムで聴講してもらう方法です。
ライブ配信にはさらに、下記のような形式があります。

①中継型:講師と一部の聴講者又は聴講者のみが集まった会場から、その場に来れなかった聴講者に向けてライブ中継配信を行う。
➡弊社おすすめのタイプ: A. 会場からのライブ配信タイプ(会場⇆一部聴講者)
講師と小人数の聴講者が集まった会場をライブ配信し、その他の聴講者にライブ配信する方法。弊社で一番需要の高いプランです。

➡弊社おすすめのタイプ: B. 講師によるライブ配信タイプ(講師⇆会場)
講師が自身のオフィスや自宅、スタジオなどからライブ配信を行い、1カ所又は複数の会場に集まった聴講者がそれを視聴するという方法。労働組合の安全会議や社内セミナーなどでよく利用されます。

➁個別視聴型:講師も聴講者も異なる場所からオンライン上で参加できる方法。
➡弊社おすすめのタイプ: C. 講師・聴講者オンラインプラン(講師⇆聴講者)
講師も聴講者もそれぞれ異なる場所にいるため、自宅で行う一般聴講者向けの体験セミナーや講習などでよく採用されているタイプです。

3-2.オンデマンド配信型

事前に録画したものを後日聴講者に向けて配信するという方法です。

①事前収録型:講師が予めスタジオなどで講演の模様を撮影し、後ほど制限付きで聴講者に配信する方法。

➁ライブ配信+後日オンデマンド配信:ライブ配信したものを、後日動画サイトで配信する方法
いずれの方法も➡弊社おすすめのタイプ: D. オンデマンド配信タイプで可能です。前述のA~Cタイプのライブ配信を録画し、後に配信する「ライプ配信+オンデマンド配信」複合型も需要の高いタイプです。

4.オンライン配信するのに必要なツールや機材

講演をオンライン配信を行うためには必要になるツールや機材があります。
どのようなものを準備すれば配信がスタートできるのか、またそれらの費用をご紹介します。

<主催者側に必要なもの>
・配信を行うためのツール(Zoom、V-CUBE 、Cocripo(コクリポ)など)
・講師を撮影するためのカメラと講師用マイク又はカメラ・マイク付きPC
・スペックの高いPC
・インターネット環境
・中継型のライブ配信を行う場合は会場や視聴機材

<聴講者側に必要なもの>
・配信を見るためのツール(ツール対応のブラウザやアプリなど)
・PCやタブレット、スマホなど
・インターネット環境

このように、オンライン講演のために用意しなければならないものはそれほど多くありません。
会場についても、普段使用している会議室や講師の自宅などで問題はなく、負担が少なくスタートすることができます。

4-1.オンライン講演でかかる料金の目安

ここでは、オンライン講演(100人規模・2時間講演)でかかる費用の概算をお伝えします。
講演規模や講師の有名度、会場によっても料金は流動するので、あくまでも目安としてお考えください。

内容 料金の目安
配信用のウェビナーツール 月額5,000~30,000円
講師の謝礼代 10万円~(講師による)
弊社おすすめのタイプAとBの場合会場費 10~20万円

コロナ禍でも感染リスクを軽減したうえで開催でき、聴講者側が参加しやすいシステムであるオンライン講演をぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

オンライン講演のご相談は無料です。

コロナ禍で講演の開催をあきらめていませんか?
オンライン講演なら3密を避けて開催することが可能です。まずはお気軽に問合せフォームよりお問い合わせください。

あわせて読みたい


初めてのオンライン講演~講演の録画方法と著作権対策

ウェビナー(webとseminarを合わせた造語)やオンライン…

初めてのオンライン講演を成功へと導く10のコツ

初めてのオンライン講演で、うまく運営できるかと不安に思っている…

初めてのオンライン講演~方法と手順、おすすめツールを徹底解説

オンライン講演とは、Zoomなどのツールを用いてネット上で開催…


 他の記事をみる