最近、労働組合様から、「講演ではなく、機関誌に掲載するためのインタビューをしたい」というお問合せを頂くことが多くあります。

多くの労働組合様で定期的に発行されている機関誌、掲載内容について毎回頭を悩ませているご担当者様も多いのではないでしょうか。
当社では、講演だけでなく、誌面掲載のための「インタビュー」のお手伝いもさせて頂いております。

※新型コロナウィルスの影響拡大を受け、対面ではなく「オンライン」でのインタビューについても対応させて頂きます。 

また、著名人だけでなく、感染症予防や医師など様々な専門家へのインタビューも可能ですのでご検討ください。

 

【著名人の方にインタビューをお願いするメリット】

 

・全ての組合員に偏りなく、機会を提供できる
講演会の形式ですと、どうしても業務や家庭の都合で参加出来ない方がいらっしゃいます。
また、人数の少ない事業所では、講演会の開催自体がなかなか難しいこともあります。
時間や場所を問わず、誌面で見ることの出来るインタビューは、すべての組合員様に同様の機会を提供することが出来ます。

・聞きたいことに答えてもらえる
こちらで質問の調整のできるインタビューでは、聞きたいことに絞ってお話をきくことが出来ます。
例えば、自社で抱える課題についての講師からのアドバイスや、組合員へのメッセージなど、講演会では聞けないことも聞くことが出来るかもしれません。
・著名人の方でも調整がつきやすい
講演会の形式では、忙しい講師ほど日程が取りにくく、せっかくご依頼頂いてもスケジュールが埋まっている可能性があります。
しかしインタビューの場合は、講師の都合に合わせて、日程・時間・場所などを調整が出来るため、普段忙しく講演を引き受けて頂けない方でも、比較的ご依頼を受けて頂きやすいです。

 

【インタビューのご依頼の流れ】

 

まずはお気軽にお電話やメールでお問合せください。
・どんなインタビューをしたいか ・誌面の発行時期、校正スケジュール ・ご予算 などをお知らせください。
弊社からおすすめの方を提案させて頂きます。
もし、既にインタビューをしたい方が決まっていましたら、その旨お申し付けください。
HPに掲載の無い方でも、インタビューならお引き受け可能の場合もありますので、お気軽にお問合せください。

インタビューの日時、場所の調整などは弊社がさせて頂きます。(オンラインでのインタビューも可能です)
当日のインタビューは主催者様にて進行ください。
校正などは弊社が間に入って行わせて頂きます。
組合機関誌掲載のためのインタビューのご相談がございましたら、
どうぞお気軽にお問合せくださいませ。