「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

和泉雅子 (K-137)

  • HOME »
  • 和泉雅子 (K-137)

和泉雅子 いずみまさこ

俳優

1947年東京銀座に生まれる。14才で日活に入社。多くの映画に出演。63年浦山監督「非行少女」で15歳の不良少女を力演して演技力を認められ、同年第3回モスクワ映画祭金賞受賞。以後青春スターとして活躍。また、84年から毎年北極の旅を続け、89年北極点目指し成功する

音楽・芸術関係者

和泉雅子のプロフィール

■職歴・経歴
1947年7月 東京銀座に生まれる。10歳で劇団若草に入団。
1961年 14歳で日活に入社。多くの映画に出演。
1963年 浦山監督「非行少女」で15歳の不良少女を力演して演技力を認められ、この映画は同年第3回モスクワ映画祭金賞を受賞し、審査委員のジャン・ギャバンに絶賛された。以後、青春スターとして活躍。1970年代から活動の場をテレビと舞台に移し、多くのドラマに出演している。
1983年 テレビドキュメンタリーの取材で南極に行き、84年からは毎年2回以上北極の旅を続けている。
1985年 5名の隊員と共に北極点を目指したが北緯88度40分で断念。
1989年 再度北極点を目指し成功した。
余技として絵画、写真、彫刻、刺繍、鼓、日本舞踊など多彩な趣味を持つ。

■主な著書 
『私だけの北極点』(1985年 講談社)
『笑ってよ北極点』(1989年 文藝春秋)
『ハロー・オーロラ!』(1994年 文藝春秋)

講演タイトル例

笑ってよ北極点

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別