「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

高村智庸 (K-2662)

  • HOME »
  • 高村智庸 (K-2662)

高村智庸 たかむらとものぶ

テレビリポーター

テレビ番組の取材で知った実例をもとに、真の親子愛、家族愛について語るリポーター。1949年3月19日東京生まれ。71年、駒沢大学法学部卒業。数多くの事件現場で見た本物の人間ドラマに影響を受け、人間の真の生き方を模索し続ける。

キャスター・アナウンサー

高村智庸のプロフィール

■職歴・経歴
大学在学中、東宝芸能アカデミーに2年間通い、卒業と同時にTV・舞台に出演。
主な出演番組に、「炎の河」「分水嶺」「志都という女 」「東芝日曜劇場」があり、また舞台では、「リア王」「オイディプス王」など、蜷川幸雄演出作品に出演。
1984年から96年まで、TBS系「モーニングアイ」でリポーターとして活躍。
97年よりテレビ朝日「スーパーモーニング」のリポーターとして活躍中。日本各地で起こ った災害(雲仙普賢岳/奥尻島/阪神大震災など)や事件・事故などの現場に足を運んで取材し、人々の生の声を伝える。事実をただありのままに伝えるだけでなく、「人間の真の姿」をどう伝えるかを常にテーマとし、全力で取り組む。

■講演・内容
取材を通し、人間とは、親子とは、家族とはなど、心の問題に強い関心を持つ。“親と子どもが正面から向き合っているか”“自分をいかに表現するか”“いじめ、そして自殺”“親の役割とは、子の役割とは”などをテーマに、これまで取材してきた数々の実話を取り入れながら、分かりやすく、真の家族の歩むべき道について語る。

講演タイトル例

自分をいかに表現するか

日本人は人前で自分を表現することが下手だと言われています。他人と理解を深める為の第一歩は、相手に自分の考えていることを分かってもらうということ。恥ずかしがらずに、はっきりと自分の言いたい事を伝えるため...

プランへ移動

全国での取材を通して
いじめそして自殺

いじめをなくすのは不可能なようです。ならばわが子をいかにして守るか、又「サイン」を出していると言われていますが果たしてそうなのか。いじめられていることを知らなかったり、知っていてもまさか自殺するとは思...

プランへ移動

親の役割とは子の役割とは

ひとつの商品を考えた場合、その品質の良さを守ってゆくか、或いは絶えず改良を重ねてゆかない限り生きのこることは出来ません。しかし私達は子ども達に伝えてゆかなければならないものを手渡しているでしょうか。消...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別