「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

荒俣 宏 (K-4223)

  • HOME »
  • 荒俣 宏 (K-4223)

荒俣 宏 あらまたひろし

作家

慶應義塾大学卒業後、10年間システムエンジニアとして日魯漁業(現・ニチロ)に勤務した後独立。百科事典の編集助手をしながら書いた小説『帝都物語』がベストセラーになり、同作品で日本SF大賞を受賞。神秘学、博物学、風水等、多分野にわたり精力的に執筆活動を続ける。

作家
教育・青少年育成

荒俣 宏のプロフィール

■職歴・経歴
1947年 東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。
中学2年の頃、幻想文学の紹介者平井呈一氏を知り、手紙を書く。
以後、平井氏が亡くなるまで交際が続く。また、博学の師と仰ぐ紀田順一郎氏を知る。高校時代は幻想文学や英米の文学書を読みふける。日本大学経済学部と慶應大学法学部に合格、慶應大学に入学。
大学時代、教養課程ドイツ語の教師、高橋巌氏に出会い神智学を知る。
大学卒業後、日魯漁業に就職、北海道拓殖銀行のコンピューター室に出向。当時の最先端の機械でプログラマーやSEとしてサラリーマン生活を続けながら、幻想文学の翻訳を続ける。
79年 同社を退社し、フリーの翻訳家となる。
80年 平凡社『大百科事典』の編集助手となり、84年 初の小説『帝都物語』の執筆を始める。
また『世界大博物図鑑』でサントリー学芸賞を受賞。博物学者の長谷川仁氏を現在の師と仰ぐ。
TBS「朝ズバ!」フジテレビ「ベストハウス123」等にレギュラー出演。

■著書
『新帝都物語』
『アラマタ大事典』
『磯魚ワンダー図鑑』
『世界大博物図鑑』等、著書は300冊を超える。

講演タイトル例

教育・青少年育成 未来ある子どもたちへ

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別