「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

ウーロン亭ちゃ太郎 (K-4769)

  • HOME »
  • ウーロン亭ちゃ太郎 (K-4769)

ウーロン亭ちゃ太郎 うーろんていちゃたろう

ちゃ太郎オペラ カンパニー座長 洗足学園音楽大学講師

昭和30年山口県生まれ。15歳より声楽の勉強をはじめ、東京芸術大学音楽学部声楽科を受験するも失敗。32歳より落語修行に入り、オペラ落語を創作。以後、オペラ落語家として活躍。てから、口こみで評判は広がり、各地で1500公演をこなした。

タレント・芸能関係者

ウーロン亭ちゃ太郎のプロフィール

■職歴・経歴
1955年9月8日 山口県岩国市生まれ
本名 重本正明
東京芸術大学音楽学部声楽科を受験するも失敗。その後、慶應大学文学部史学科でインド仏教史をかじり「人生は生まれてから死ぬまでのひまつぶし」だと悟り「ひまつぶし」をしすぎて、教授のお情けで卒業。
以後、職を転々とし、33才でオペラ落語創作、現在の栄光を勝ち取る。
数々のレパートリーを持ち、オペラ落語界の第一人者(ひとりしかいない)として駆けずり回る。
2005年12月31日(50歳と114日)「オペラ落語」を幻の芸とすべく引退。
2006年よりオペラナビゲーター、台本作者、レクチャー講師として再出発し、同時にオペラエンターテイメント「ちゃ太郎オペラ・カンパニー」を主宰、座長となる。
好きな言葉「日陰の身」。
趣味は自作の歌詞でファド(ポルトガルの歌謡曲)を熱唱することと妻をかわいがること(実益もかねている)。
現在、洗足学園音楽大学講師。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

ウーロン亭ちゃ太郎のメニュー