「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

マーク・ピーターセン (K-6262)

  • HOME »
  • マーク・ピーターセン (K-6262)

マーク・ピーターセン まーくぴーたーせん

明治大学政経学部教授

日本文学を学ぶアメリカ人研究者。幅広い知識と独自の視点で数多くの著書を出版。
著書『日本人の英語』『続・日本人の英語』は、岩波新書の大ベストセラーとなり、“目からウロコ”と評される丁寧な解説とわかりやすい表現方法で、多くの英語学習者から支持を得ている。

大学教授・研究者

マーク・ピーターセンのプロフィール

■職歴・経歴
アメリカ・ウィスコンシン州生まれ。コロラド大学で英米文学を、ワシントン大学大学院で日本近代文学を専攻。1980年、フルブライト留学生として来日し、東京工業大学で「正宗白鳥」を研究。
現在、明治大学政経学部教授を務める。日本語・英語の双方に精通した立場から、日本人と英米人との語学感覚のずれを徹底分析し、日本人に合った英語表現を指導を行う。
「ユーモアを交えながら解説は、楽しく、かつ奥が深いものがある」「日本語と英語の両方に通じた者ならではの視点で、今まで誰も示さなかった習得の近道」と、信頼度は絶大。

■著書
『日本人の英語』
『続・日本人の英語』(岩波新書)
『英語で発見した日本の文学』(光文社)
『ニホン語、話せますか?』(新潮社)
『ワインデイズ』(文春文庫PLUS)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

マーク・ピーターセンのメニュー