「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

森岡 浩 (K-6991)

  • HOME »
  • 森岡 浩 (K-6991)

森岡 浩 もりおかひろし

姓氏研究家

独自の視点から日本人の名字について研究する、姓氏研究家の第一人者。“名字は日本人の文化”“名字でさぐる日本の歴史”をテーマに、外国との違い、姓と名字の違い、名字のルーツや地域性、メジャーな名字とマイナーな名字など、名字全般について講演を行う。

大学教授・研究者

森岡 浩のプロフィール

■職歴・経歴
1986年 早稲田大学政経学部卒業。以来、姓氏研究家として活動。
現在は、テレビ・ラジオへの出演や、書籍・雑誌の執筆・監修を行う。

■書 著
『名字のヒミツ』(朝日新聞出版)
『日本名字・家系大事典』『難読・稀少名字大事典』『県別名字ランキング事典』(以上、東京堂出版)
『名字の地図』(日本実業出版社)
『名字の謎』(新潮OH!文庫)
『名字の謎がわかる本』(幻冬舎文庫)
などの他、監修書に『名字の新聞』(宝島社)『日本一楽しい名字の地図帳』(イーストプレス)など多数。
 
■テレビ番組
フジテレビ「ジャポニカロゴス」に客員教授として3回出演した他、日本テレビ「アナタの名字ショー」やフジ「名前の殿堂」では出演と監修を担当。その他、NHKラジオ「おしゃべりクイズ疑問の館」、日本テレビ系列の特番「アナタの名字SHOW」に出演。NHK教育「天才てれびくんMAX」の新コーナーの監修と同時に、番組内のキャラクター「名字博士 ワンワン先生」の声も担当。

■講演内容
従来の研究者にありがちな、系図や名字の収集にのみ注力するのではなく“名字は日本人の文化の所産である”をテーマとして活動。歴史における名字のあり方、これからの家・戸籍制度や天皇家継嗣問題など、名字から日本文化を探る。

講演タイトル例

「日本人の名字---名字は日本人の文化」
「名字の日本史---名字でさぐる日本の歴史」

「名字なんて明治時代に適当につけた」と思っている方が多いようですが、実は庶民でも江戸時代から名字を持っていたことがわかっています。名字とは、本来いい加減なものではなく、その家の歴史と先祖の越し方が込め...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別