「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

星野有史 (K-7724)

  • HOME »
  • 星野有史 (K-7724)

星野有史 ほしのゆうじ

ハーネス・ウィ研究所 代表講師

中学2年生の時にベーチェット病にかかり高校2年生で失明。大学院で福祉を研究。専門学校の講師を歴任。アイメイト(盲導犬)と歩行し、その後、結婚、子供を授かる。しかし、盲導犬と共に社会参加することを拒否され研究室を飛び出す。現在、講演や執筆等の福祉教育活動家として活躍中。

医療・福祉関係者

星野有史のプロフィール

■職歴・経歴
1963年さいたま市(旧浦和市)生まれ。小学校では音楽隊、中学校では野球部に所属。77年(14歳)の時にベーチェット病にかかり徐々に視力が低下。80年埼玉県立盲学校高等部2年生(17歳)で全く光を失う。
82年明治学院大学社会学部入学し、福祉の勉強と吹奏楽で活動。ケースワーカーの相談職を希望したが障害者雇用の壁にぶつかり断念。88年同大学院社会学修士取得。同年帝京高等看護学院非常勤講師。
89年アイメイト(盲導犬)と歩行を開始。同年東京医療福祉専門学校・湘南医療福祉専門学校で非常勤講師。92年結婚、その後4人の子供に恵まれる。93年同大学院博士後期課程単位取得。95年「星野福祉教室~ふれあい福祉セミナー」を開設し、ボランティア普及と福祉教育をスタート。97年早稲田速記医療福祉専門学校介護福祉科専任教員。
2000年埼玉女子短期大学非常勤講師。05年ホームページにおいて「ハーネス・ウィ」のモデルを発表、独自の福祉教育とブログを更新。福祉教育活動家として活躍。テレビや新聞取材等、マスコミでも注目を集める。10年よりフリー。現在、「ハーネス・ウィ研究所」の代表講師として、人間力育成セミナー・福祉講演会等、幅広い分野で活躍中。

■著書
『夢をくれた盲導犬~ミントといっしょに生きる~』
『しっぽのはえたパートナー~盲導犬ミントと触れた街角の福祉~』
『盲導犬ミントの子守歌~二代目キースに歌いつがれて~』
『盲導犬キースのヒト観察記~支え合うヒト達のフクシを見つめて~』
『子ども家庭福祉・保健用語辞典』(共著)
『これからの福祉心理学』(共著)

星野有史さんのホームページ

講演タイトル例

「今、求められるふれあい人間力」
~アイメイト(盲導犬)と描く共生社会への夢~

★小中学生・高校・専門学校生・大学生 「目が見えないで人を信じられますか」と講演会で中学生から質問があった。この生徒に限らず、いじめやネット犯罪などの増加する社会にあって、これは誰もが共通に抱える問題...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別