「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

“浪速のカリスマ添乗員”が教える
ほんまもんのサービスはこれや!

平田進也 ひらたしんや

浪速のカリスマ添乗員
(株)日本旅行 西日本営業本部 個人旅行営業部 担当部長
おもしろ旅企画 ヒラタ屋代表

想定する対象者

他者との差別化をはかり、お客様から「又是非あなたに!」とおっしゃっていただけるような感激・感動・感謝を伝える商いの演出をしたいと考えている営業職や接客業の方。

提供する価値・伝えたい事

私がもっとも大切にしていることは、「お客様に喜び、笑っていただく」ということです。
「旅行」という手段を使って非日常を提供し、心の底から笑い、楽しみ、充電して元気になってお帰りいただく。それが、私の仕事だと思っています。
どうすれば喜んでいただけるのか、お客様がどういうお気持ちであるかを絶えず考えています。お客様の喜びと笑顔のために誠心誠意尽くしてきました。
その結果、お客様に満足頂き“浪速のカリスマ添乗員”と親しまれています。
これからも、人の喜びを自分の喜びとして、お客様の笑顔を求めて突き進みます。
講演では、その私の熱意を語ります。きっと、みなさんのヤル気と元気を引き出す事と信じます。

内 容

■笑いで心のバリアを解く
しかし、誰の心にもバリアがあり、初対面でそのバリアを破るのは難しいことです。私が冗談や女装でお客様を笑わせるのは、心のバリアを解いてもらうためです。笑いには心のバリアを解く力があるのです。

■サービスの本質を極める
人は誰かに認められたいもの、女性が化粧やおしゃれをするのも自分を認めてほしいからですね。
私はお客様一人ひとりを認め、ほめて笑わせ、どんな話にも耳を傾けます。そうして、お客様の心を癒してゆく。それこそが、私が提供し続けるサービスです。「こんなに笑ったのは初めて」「明日から、また頑張れる」と、多くのお客様がリピーターになってくださいます。これはどの業種にも通じるサービスの本質です。

■お客様と気持ちを通じ合わせると、価格競争の入り込む余地はない!
アットホームで温かい──どんなにコンピュータ化が進んでも、人の温かさ、ぬくもりがなかったら生きていけないのです。
私は、旅行という形を借りて、気持ちを伝えることを目的としています。心と心を重ね、気持ちを通じ合わせることに、価格競争の入り込む余地などまったくないのです。

■引っ込み思案だった子ども時代
意外かもしれませんが、私は元々消極的で人目を避けているような子供でした。当時の先生にほめられたのが、私が変わるきっかけとなり、自分のギャグにクラスメートが笑ってくれたとき、体が震えるほど嬉しかったのを覚えています。それ以来、人の喜びを自分の喜びとして、あらゆることに前向きに立ち向かってきました。

■人の喜びを自分の喜びとして
年間150日添乗し、経営者の集まりや様々な企業からの講演依頼も増えて、土日も関わりなく動いています。
ただ、自分から動いているのであって、人に動かされているのではない。こんな幸せはないと思っています。

スタッフからのコメント

*話術は芸人顔負けです。随所に笑いを入れて聞く人を飽きさせません。

もちろん、ただ楽しいだけではありません。
実体験に裏打ちされた、顧客満足への想いがある意味厳しいです。

平田さん曰く
人を気持ちよくさせてお金をもらうのが仕事の基本です。よって、サービスは無限です。サービスはここまでで終わりと思ったらサービス業をやめるべき。
商いは「飽きない」と考える。すなわちお客さんに飽きられずにリピートを得るのが商いの基本です。

あらためて、顧客満足とは目の前のお客様を徹底的に喜ばすことだと痛感しました。その結果として、高くてもあなたから買いたいというファンをつくることができるのでしょう。
(人材育成講演・研修担当 安宅:記)


*宮根誠二さんと仲良いので、「おはよう朝日です」など、
関西のメディアには結構出ておりますので、ご存知の方も多いと思います。
“浪速のカリスマ添乗員”です。

「旅行を売っていたわけではなく、元気を配達していたら、結果旅行が売れた!」・・・実益ある経験者が語る仕事に対する考え方は、やる気を促してくれます。高齢化、市場縮小・・嘆いていては何も始まりません。こういう時代だからこそ、逆にチャンスです!!

「やらされ仕事は楽しくないが、自分でやろうと決めた仕事は楽しいものです」というアツいメッセージは若手組合員の皆さんのハートに火をつける内容だと思います。
観光労連の執行委員をされた経験もあります。(労組担当:紀三井省次)


まあとにかく話は面白いです。基調講演+DVD上映+まとめの講演の3部構成です。
DVDの内容は私が講演を拝聴した時は、「仇討ツアー(女性限定)」でした。
これは四時間の家出をやりますというものです。今まで、男は飲み歩き、待つ身は私達だった。今までの積年の恨みを込めて、仇を討つ。名付けて仇討ち四時間の家出ツアー。ストレス溜まっている女性群はいませんか?私が皆さんを歓楽街をご案内しますニコニコ北新地のクラブ、お洒落なレストランでコース料理、そのあとはタクシー乗ってニューハーフショーです。人気のコースです。
まあこん具合に企画から添乗をすべて一人でこなし、常にお客様目線で考え企画を立てておられます。
サービス精神は旺盛で、お客様から「ここまでやるの!?」と言われるぐらい、常にお客様に感動と満足そして笑顔を提供することを探求し続ける顧客満足度120%のカリスマ添乗員です。
平田様のお客様へ向けたサービスとは?そして「是非又あなたにお願いしたい」とお客様から逆指名を受け自身のファンを増やし業績向上につなげていく手法は営業職や接客業の方にとっては必聴です。
(JA担当:田中)

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.