「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

モチベーションを見える化!
自分や仲間のやる気を高める方法

鎌田 敏 かまたびん

こころ元気配達人
こころ元気研究所 所長

想定する対象者

・経営者・管理職、職場のリーダー
・労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)

提供する価値・伝えたい事

「やる気を出す」ことに重点が置かれているモチベーション理論はうまく機能しないことも多い。
なぜなら関係性の中で「やる気は出てくる」ものでもあるからです。
自己、ペア、グループという様々なフェーズでのダイアローグ(対話)の手法を通して「やる気は出てくる」体験していただき、自分や仲間の「やる気」のポイントを知り、「やる気」を高める方法を学習していただきます。

「モチベーションを見える化」することは、自身のレジリエンス(折れない心)を高めることにもつながります。
さらに、他者を尊重しながら、自己主張するダイアローグ(対話)を体験することで、若手の方々の共感コミュニケーション力、関係性構築力の向上に、組合役員の方々のフォロワ―シップ力、後輩指導力の向上にもつながります。

内 容

①やる気を高める4つのアプローチ
・「心」と「身体・行動」について
・「やる気を出す」と「やる気は出てくるもの」について

②「成長実感」ダイアローグ(ペア)
・ヒーローインタビュー
・対話を通して、刺激、共感、学びを得る
・心のエネルギー

③「他者を通して自分を知る」ダイアローグ(グループ)
・他己紹介
・Goodのフィードバック効果

④「モチベーションを見える化」ダイアローグ(自己&グループ)
・やる気グラフ
・自分や仲間のやる気の源を知る
・組織のモチベーションの源(ポジティブコア)
・対話を通して、自分軸の再確認、再構築につながる

⑤当事者意識と行動する主体 ~他人事ではなく自分事へ~
・やる気は空気感染する、明るく元気な職場づくりへ
・他者や環境への変化を求める前に、まずは自分自身が変化する

スタッフからのコメント

本人が大変元気でパワーあふれる内容で、明るく元気な方で、場を盛り上げます。メンタルヘルス、コミュニケーション、モチベーション・・・この3つの複合した内容とお考えください!
組合役員の皆さんにとっては、自身もですが周囲のモチベーションも上げていかないと、色々な物事が上手く進みません。
是非、共感コミュニケーション力、関係性構築力、フォロワ―シップ力、後輩指導力の向上にもつなげてください!!(労組担当:紀三井省次)

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.