「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

劇団四季・元主演が教える「人を動かす伝わる技術」
~経営者の伝達力が組織の成果を変える~

佐藤政樹 さとうまさき

劇団四季 元 主役の感動創造トレーナー

想定する対象者

伝える力の伸ばして、リーダーシップを発揮したい経営管理部向けの研修セミナー

提供する価値・伝えたい事

・理念・ビジョンを伝える際や、メンバーのモチベーションを高めていくために必要な要素を学ぶことができます。


・部下やメンバーの心に響く「伝え方」を学べます

・プロが挫折を乗り越えて、トップを目指した話は、勇気と感動を得ることができます。

・エンターテイメント性の高い演出(踊り・歌)を交えるので、
 楽しみながらも深い気づきを得ることができます。

内 容

ビジネスにおいて「伝わる力」は「成果」に直結しています。

経営者であれば『人、モノ、金、情報』を集める際に、
高いプレゼン力でこれらを集めてくることが可能になり、
営業職であれば伝わる力は営業成績に直結し、
人事であれば採用力に影響するも重要な能力なのです。

つまり「伝える力」とは、人を動かす力であり、売上を向上させていくことや、
組織を発展させていくためには不可欠な能力です。

しかしながら、多くのビジネスパーソンは
この『伝わる』と『伝わらない』の明快な境界線を
理解している人は少ないのが現状です。

そのため今回は、劇団四季に10年間在籍し主役も務め、
プロの世界で「伝わる技術」を学んできた佐藤政樹が、
「人に感動を与え、人を動かし、成果をつくる伝達力の本質」をお伝えをさせていただきます。

自分自身の伝わる力を伸ばしたい経営者、管理職、営業職などご参加ください。


◆講義内容
1.伝わる力が上がれば、成果(営業、採用、マネジメント)は上がる。
2.劇団四季が教えてくれた!感動的な『伝わる』には型がある。
3.伝わるための前提条件。それは「なぜ、そこにいるのか?」
4.売れている人、人を掴む名経営者の共通項は「実感して語る」
5.アマチュアは飾る。プロは飾らない、ありのまま。
6.フリーターから劇団四季のトップへ。私が夢を叶えた理由。

根拠・関連する活動歴

佐藤政樹
《講師プロフィール》
1975年、静岡県浜松生まれ。明治大学理工学部卒業後、フリーターを経て、2002年国家資格である気象予報士に合格。また同年、劇団四季に入団し、その後、俳優として「ライオンキング」「ジーザスクライストスーパースター」等に出演する。その後、「人間になりたがった猫」では主役のライオネルを務めるなど、年間200~250回の舞台をこなし、10年間で約2,000回以上の舞台を経験する。劇団四季を退団後は、講演家として独立し、「夢を仕事に!」をテーマに全国の教育機関や学校での講演を行う。また、企業向けには多くの人の前でのパフォーマンス経験を通して体得した「感動を創造する言葉の伝え方」や「プロのための話し方」「相手に伝わる深いコミュニケーション」と言ったテーマで講演・研修を行っている。人前で話すことの多い経営者やプロの講演家からの定評が高く、講演満足度は98%を超える。2014年11月20日初の著作「幸運はなぜむこうからやってくるのか」学研パブリッシングから発売。

【佐藤政樹の研修実績】
日本テレビ放送網、外資系企業人事研修会、アステラス製薬労働組合、マニュライフ生命、東武鉄道株式会社、大久保恒産株式会社、ティヌカーラ鹿屋エンターテイメント、教育庁、静岡新聞子供アートセミナー、東京理科大、埼玉大学、学校法人郁文館夢学園、長野県飯山高校、静岡県富士市立高校、など

スタッフからのコメント

劇団四季で「ライオンキング」や、「人間になりたがった猫」で主役に抜擢された佐藤さんが、10年にわたる舞台経験より、自身でしか分かり得ない本質のスキル「人を感動させる力」について論理的且つ情熱的にビジネスに落とし込んでお話致します。
*講座の特徴
・講演だけでなくワークを実習するので、楽しく学べます。
・実際に演技や歌を例えに研修を進めますので、エンターテイメント性の高いプログラムになっています。
(労組担当:紀三井省次)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.