「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

【オンライン版】 テレワーク時代だからこそ求められるコミュニケーション術~自分と相手の「よし!やろう」を引き出す~

前川由希子 まえかわゆきこ

組織活性化コンサルタント
and my…(アンドマイ) 代表
一般社団法人建設職人甲子園 九州地区相談役

想定する対象者

ビジネスパーソン
労働組合全階層の方々(新入組合員~組合役員)

提供する価値・伝えたい事

・テレワークにより開きがちな「心理的距離」の縮め方がわかる
・対面しないコミュニケーションにおける「伝え方」のコツがわかる
・管理職やリーダーとして、テレワーク社員との関わり方のポイントがわかる
・同じ状況・課題を抱える人同士のコミュニケーションの場となり、ストレス解消につながる

内 容

1.「当たり前」が変化した!枠組みを広げよう!
・思い込みってありませんか?
・「~べき」「~ねばならない」が自分を苦しめているかも

2.離れているからこそコミュニケーションの重要性が増している
・テレワーク疲れの原因「コミュニケーション不足」を解消しよう
・テレワーク時代のキーワードは「共有」
・会えないからこそ「見る」ことを意識しよう

3.オンラインコミュニケーションで気をつけたい「伝え方」のコツ
・「聞こえづらい」前提での話し方
・伝えたいことがきちんと伝わる3ステップ
・コミュニケーションの「質」と「量」

根拠・関連する活動歴

●オンラインセミナー(ウェビナー) 5つのタイプ
1、一方通行型
2、一対多対話型・・講師と参加者の対話がある、質疑応答ができる」
3、多対多対話型・・参加者同士のやりとりがある(コミュニティ感がある)
4、ワークショップ型・・書き込み式テキストによるディスカッション演習や対話を含む
5、ワークゲーム型・・パソコンやスマホなどの特徴とリアルな行動などを交える

・・・レクリエーションの内容に合わせ、1から5までご希望の形で提供できます。

スタッフからのコメント

緊急事態宣言を受け、各企業でテレワーク導入が加速しています。
今までフィストゥーフェイスで行われていた会議や各コミュニケーションが、一気にオンライン化し、実際やってみるとリアルとは微妙に違うことを感じておられるかと思います。
対面だからこそのコミュニケーションスキルがオンラインでは上手くいかなかったり、テレ(離れた)という意味通り、心まで離れてしまっては、オンラインの意味がありません。
この状況を受けて、前川由希子さんと共同開発したテレワーク課題のコンテンツになります。(労組担当:紀三井省次)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.