自治体、官公庁主催の講演会で、主催者様のご希望や講師からの要望にて物品販売を行う場合がございます。例えば講師の著書やオフィシャルグッズなどです。
講師から物品販売の要望がある場合は、予め弊社担当者よりご連絡をさせて頂いております。ご主催の皆様にて、講師による著書販売やサイン会、握手会のご要望がある場合は、恐れ入りますが、講師決定後、早い段階で弊社担当者までご連絡下さい。

最初に確認させていただいていること

弊社にご依頼頂いているお仕事では、まず下記の点を確認させて頂いております。

√主催者様にて、講演会講師による物品販売が可能かどうか。
営利目的にあたるなどの理由で物品販売を不可としている、自治体の主催者様もいらっしゃいます。

√講演会会場での物品販売の可否
会場にて物品販売を禁止している、会場に事前申請を行う必要がある、会場にお支払いする手数料がかかる・・・など、様々な条件が想定されますので、必ず講演会会場にご確認下さい。

上記二点について、【可能】な場合、販売の実施を決定、準備に入ります。

物品の手配と販売の実施

実際に物品販売をすることになった場合、詳細は弊社担当者より御案内致しますが、大きく下記のパターンに分けられます。

√講師が自身のみで販売をする場合
講師が自身で本を手配し、販売・金銭授受をする方法です。主催者様には一切お手伝いを頂かないので、手軽ではございますが、講師が販売やサイン付け・握手など全てを行いますため、講師に同行者がいない場合、お客様をお待たせしてしまうことがあります。また、本は嵩張りますので、講演会実施までに主催者様の元にお送りし、当日会場までお持ち頂く場合が多いです。その場合は事前に発送先と到着締切日をお知らせ頂いております。

√主催者様のお手伝いをお願いする場合
講師が自身のみで販売をする際、お客様と講師のふれあいの時間をよりたくさん確保するため、行列を減らすため、などの理由で主催者様へのお手伝いをお願いすることがございます。お手伝い頂く事が可能か(金銭授受等が可能か)、弊社担当者までご連絡をお願い致します。

√書店等、販売店に入ってもらう場合
地元の書店さんなどに出張販売にお越し頂く方法です。主催者様に地元書店さんを紹介頂くか、講師や弊社がお探しする場合もございます。予め弊社より主催者様・書店さんにご用意い頂きたいご本のリストをお送り致し、ご用意を御願いしております。講演会当日、書店さんにご本を会場までお持込頂き、販売をして頂いています。講師はお客様との時間が多く確保できるうえ、主催者様も販売の一切をお任せできますので、一番安心の方法だといえます。

講師の希望や、会場の制約、ご主催者様のご希望等を鑑み、最適な方法をとって参ります。詳細までご相談させて頂いたうえで、物品の手配から販売までを進めさせて頂いております。

会場にてご準備いただきたいもの

一般的に、どのような販売方法をとる場合でも、下記のご用意を御願いしております。

√会議用机・机 それぞれ2台ほど
会場にもよりますが、ホールの出入口近くや、建物の入口付近にご用意頂けるとありがたいです。

√サイン用のペン
講師にもよりますが、主催者様にて筆記用具をご用意頂ければ安心です。

各講師や、会場の様子、実施の時期などによって販売方法は変わってきます。弊社スタッフが全力でサポートさせて頂きますので、ご安心下さい。講師と実際に触れ合う機会などはなかなかございませんゆえ、ぜひ集客などにお役立て頂くことをお薦めしております。ご不明な点や詳細のご確認につきましては、気軽にお電話やメールでご相談下さいませ。

 物品販売が好評の講師

南雲明彦 なぐもあきひこ
明蓬館(めいほうかん)高等学校共育コーディネーター
21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

障がいのある方の人権 


仲島正教 なかじままさのり
教育サポーター
小学校での21年間に及ぶ教師経験を基に、子育てや学校教育における「真の人権教育の大切さ」を語る教育者。教育現場で得た子どもたちとの様々な感動体験を交えながら、親や地域の大人が今こそ改めて認識すべき「人権意識」について、“優しい風(loving-wind)”にのせて世に贈り続ける。

子どもの人権・いじめ・体罰


大場久美子 おおばくみこ
女優/心理カウンセラー(日本推進カウンセラー協会認定)/足底反射療法士・音楽健康指導士
1978年「コメットさん」(TBS)で絶大な人気を得る。女優として幅広く活躍する傍ら、心理カウンセラー・足底反射療法士・音楽健康指導士の3つのスキルを総合的に用いた講演、東日本大震災・熊本地震など被災者の心と体のケアを精力的に行う。著書『やっと。やっと!―パニック障害からぬけ出せそう…』等。

人権週間講演会


落合恵子おちあいけいこ
作家/クレヨンハウス主宰
「書く」だけでなく「行動する」社会派作家として名高い。子ども・高齢者・女性等、社会構造的に声の小さい側に寄り添った作品多数。講演テーマは、人権を主軸に男女共同参画、育児、教育、介護、食の安全など多岐。また、子どもの本専門店クレヨンハウス、女性の本専門店ミズ・クレヨンハウス主宰。

高齢者の人権


家田荘子 いえだしょうこ
作家/僧侶(高野山本山布教師・大僧都)
光の当たっていない世界や女性など、「常に弱者の視点から真実を描き伝える作品」に定評がある作家。一貫して現場・現実主義を貫き、作品で描く当事者には必ず会って真実を掴むという取材を続けている。講演では、自身で取材した真実に基づき、発言をし続けている。

ハラスメントの防止

 

 担当者

【北海道・東北・関東エリア担当】

西澤優香(にしざわ ゆうか)
(TEL) 03-5643-6180

 

【東海・甲信越・北陸・近畿エリア担当】

木佐孝善(きさ たかよし)
(TEL) 06-6444-7871

 

【中国・四国・九州・沖縄エリア担当】

谷口誠一(たにぐち せいいち)
(TEL) 06-6444-7871

 

「自治体・公的団体」特集ページ へもどる