スマイリーキクチ すまいりーきくち
お笑い芸人

コンビとして活動した後、ピン芸人へ転向。ニコニコしながら毒をはいて笑いをとる、毒舌漫談のスタイルが特徴。テレビ・ドラマ・連載など幅広く活躍。また、自身のネット中傷被害の経験を生かし、講演活動も行っている。2011年、著書『突然、僕は殺人犯にされた』~ネット中傷被害を受けた10年間~が発刊され話題に。
現在は、お笑い芸人として活躍するなか、自身の体験を基に、ネット犯罪の恐怖、その対策などについて各地で講演活動中。


過去、インターネット上で10年以上にわたり、誹謗中傷を受け続けた被害者であるスマイリーキクチさん。「インターネットと人とのかかわり合い ~突然、僕は殺人犯にされた~」と題する講演は、人権講演会や人権教育講演会などを中心に多数の実績があり、主催者様や来場された聴講者の方々からも大変好評です。

講演では、パワーポイントでスライドを投影されながらお話を進められるのですが、 「やい!スマイリー鬼畜!」「殺す!」「地獄の中で永遠に焼かれろ」など実際にネット上で書き込まれた誹謗中傷の言葉がスクリーンに投影されると、当時のスマイリーキクチさんの壮絶な経験がイメージでき、とても怖く恐ろしい気持ちに襲われました。

まだまだインターネットが世間に馴染んでいなかった当時、大変な誹謗中傷を受けても誰にも理解されず取り合ってもらえず、一人苦しんだスマイリーキクチさん。「一緒に住んでいる彼女が危害を加えられたらどうしよう・・・」「小さい姪っ子が襲われてしまったらどうしよう・・・」。しかし、悩んで警察へ相談に行っても 「あなたは被害を受けてないじゃないか」「インターネットなんて事件にならないよ」「殺されてから相談にきてよ」と言われてしまったそうです。講演では、そんな状況の中10年間戦ってこられた軌跡を語られるとともに、リベンジポルノやSNSでのネットいじめ、ヘイトスピーチなど日々進化するネット世界での人権侵害の事例や情報リテラシーについてお話されました。

「SNSやインターネットの正しい使い方や実体験を基に話を進めていただけるので、言葉に重みがあり、心に響きやすく、かつ、内容がとてもわかりやすく話を進めていただいたので、他の方々にも勧めていきたいです」「多くの資料を準備していただき、わかりやすく柔らかい語り口でお話いただいた。ひどい状況においても前向きな姿勢に感銘を受けた」など、講演終了後の主催者様からも沢山の好評のお声を頂戴しております。

スマイリーキクチさんの講演に関するご相談、お問い合わせはお気軽にお寄せ下さいませ。

 お問い合わせははこちら


<その他関連ページ・関連記事>

インターネットによる人権侵害

インターネットによりコミュニケーションの輪が広がり便利になる一方で、インターネットを悪用した行為により、他人への中傷や侮蔑、無責任なうわさ、特定の個人のプライバシーに関する情報の無断掲示、差別的な書き込みなど人権やプライバシーの侵害がおこっています。システムブレーンでは、インターネット上における個人のプライバシーに関する正しい理解やマナー、被害にあった場合のノウハウなどについて学ぶことが出来る好評の人気講師、講演テーマのご提案をさせていただきます。

 
 「自治体・公的団体」特集ページ へもどる