オンライン講演やオンラインセミナーにおいての必需品には、PCのほかにマイクやカメラといったものがあります。PCにも搭載されていることがあるカメラやマイク。
そのまま使用してもいいのかと疑問に感じることもあるでしょう。
この記事では特にマイクに着目し、内蔵マイクでは不十分な理由やマイクの選び方、おすすめのマイクを解説いたします。

オンライン講演でPCや外付けカメラの内蔵マイクでは不十分な理由

PCにもともと搭載されているマイクや、外付けカメラの内蔵マイクを使用しても、オンライン講演を行うことはできます。
しかし、その音質にはあまり期待ができません。
マイクと講師との間に距離が生じてしまい、雑音を拾ってしまったり、音が遠く聞こえてしまったりするからです。これでは視聴者のストレスになる可能性もあります。

ウェビナー用マイクを使えば参加者にクリアな音声を届けることができる

参加者にきれいで聞き取りやすい音声を届けるためには外付けのマイクの使用がおすすめです。ウェビナー用マイクには、講師の声を集中的に拾ってくれる機能のついたマイクがあります。また、臨場感を演出できるステレオ収録機能も使用したい理由の一つです

ステレオ収録を行えば講師が画面右側へ移動すると右側からの音声が大きく聞こえます。左側に関しても同様です。このように立体的に音声が聞こえることで、参加者は講演の内容により耳を傾けることができるようになります。

ウェビナー用マイクの選び方

ウェビナー用マイクを選ぶときにはマイクの形状や操作方法、モノラル・ステレオといった音の再生方法がポイントになります。
その選び方について項目ごとに解説します。

①マイクの形状

マイクの形状はマイク単体型とヘッドセット型、スピーカー型の3種類があります。
マイク単体型は、周囲の音を拾いにくく、ハウリングのリスクを軽減でき、多人数で同時に使うことも可能です。
ヘッドセット型は、イヤホンやヘッドホンと一体になっているタイプです。比較的クリアな音声を伝えることができ、ハウリングのリスクを抑えられるのが特徴です。

スピーカー型は、複数人の音を一度に拾うため、数人でディスカッションをする場合におすすめです。

➁指向性

マイクがどのくらいの範囲の音を拾うことができるのかを示すのが指向性です。
単一指向性、鋭指向性、双指向性、無指向性の4種類があります。

単一指向性マイクは向けられた方向の音を集中的に拾います。
鋭指向性マイクは、単一指向性マイクよりも、さらに限られた音を録音する時に使用するものです。
一人が話しているものを集音することに長けている単一指向性・鋭指向性に対するのが、複数の話者の話を拾う双指向性や無指向性のものです。
双指向性マイクは正面に加え背面からの音も集音します。
また無指向性マイクは、さまざまな方向からの音を集めてくれるため、大勢での会話に向いています。

講師のみの声を拾いたいのであれば単一指向性、ディスカッション形式の場合は双指向性や双指向性マイクがおすすめです。

③操作方法

マイクにさまざまな操作を行うためのボタンなどが付いているか、パソコンで操作を行うかという点も、マイクを選ぶ基準になります。ボリューム調整や消音といった操作をどのように行うのかを確認してください。マイク本体に操作ボタンが付いているものであれば、講師自身が簡単に調整することができます。
スピーカー型のマイクにも、スピーカー本体にミュートボタンが付いているものもあり、相手に聞かれたくない会話をする時にワンタッチで操作することが可能です。

④モノラルかステレオか

マイクにはモノラル収録を行うものとステレオ収録を行うものがあります。
モノラル録音は、1つの音を収録することをいい、再生時にも1つの音で再生されます。
イヤホンで聞いたときに片方からしか聞こえないことがありますが、それがモノラルで録音されたものです。
それに対し、2つの音を録音できるのがステレオ録音です。
2つの音を録音し再生することで立体感を出すことができます。

オンライン講演を行うときにはより臨場感の出るステレオタイプがおすすめです。

おすすめのマイク3選

オンライン講演を行う際におすすめのマイクを3つご紹介します。
さまざまなタイプのマイクを紹介するので、目的に合ったものを選んでください。

最大半径5mの集音が可能「サンワサプライ MM-MCUSB22」

多人数での会議などに利用可能です。エコーキャンセリング機能付きなので、スピーカー型のマイクを使うことで心配されるハウリングを抑えることができます。
また、マイク本体にミュートにできるボタンが付いているため、気になるときには手元で音声を切れます。

公式サイト

指向性の切り替えが可能なUSBマイク「サンワサプライ MM-MCU05BK」

大人数での会議などで使用する場合には全方向から集音、少人数の場合には一方向から集音可能でより雑音を拾いにくく設定できます。また、ミュートや音量調整はマイク本体で行えるため、必要な音声だけを相手に届けることができます。

公式サイト

お手頃値段で操作も簡単「ロジクール(Logicool) ステレオヘッドセット H111R」

ヘッドホンと一体になった「ロジクール(Logicool) ステレオヘッドセット H111R」。1,320円とお手頃価格でありながら、回転式マイクブームで雑音を軽減できるように位置調整が可能です。もちろん、ノイズキャンセリング機能も搭載。クリアな音声で参加者にストレスを与えません。

公式サイト

もしものときの音声トラブル対処法

オンライン講演では映像とともに音声も大変重要です。
ハウリングや雑音が聞こえる、音が聞こえないなどといったトラブル発生時にどのように対処すればいいのかをご紹介します。

・ハウリングの対処法
ハウリングとは、スピーカーの音をマイクが拾い、その音がスピーカーから流れる。そしてまたその音をマイクが拾うといった悪循環が元になり発生するものです。必要のないマイクやスピーカーは切っておいてください。

・雑音の対処法
雑音の原因のひとつが、マイクの接続不良です。マイクが正しく接続されていないと雑音が生じることがあります。接続部分にほこりなどがついていないか、接続部分が壊れていないかを確認してください。

・音が聞こえないときの対処法
マイクの音が聞こえないときには、さまざまな設定を見直してください。PCの設定やウェビナーツールの設定、マイク本体の設定が無効になっていないかを確認します。無効のものがあった場合、すべてが有効になるようにしてください。

このように音声トラブルは適切なマイクを使用し、事前に確認を行うことで回避することが可能です。音声トラブルの発生を回避し、スムーズにストレスなくオンライン講演を開催しましょう。

オンライン講演のご相談は無料です。

コロナ禍で講演の開催をあきらめていませんか?
オンライン講演なら3密を避けて開催することが可能です。まずはお気軽に問合せフォームよりお問い合わせください。

あわせて読みたい


必要な機材も全て準備不要!東京・大阪のウェビナー専用スタジオ5選

昨今、需要が急速に伸びてきているオンライン講演(ウェビナー)。…

Zoomのオンライン講演、参加者に顔出ししてもらうには? 主催者がやるべきこと

Zoomでオンライン講演を行う際に、主催者様の悩みとして取り上…

初めてのオンライン講演~方法と手順、おすすめツールを徹底解説

オンライン講演とは、Zoomなどのツールを用いてネット上で開催…


 他の記事をみる