「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

【医療従事者研修】
日本一のマグロ船に学ぶ 
船長の人を動かすコミュニケーション

齊藤正明 さいとうまさあき

マグロ船式 人材コンサルタント

想定する対象者

『マグロ船』。
この言葉にはどんなイメージがありますか?「借金のカタに送られる」、「行くアテ がなくなったら、最後の手段で就く仕事」。そんな暗いイメージがあるかもしれません。
しかし、マグロ船によっては、一般的な会社よりもはるかにチームワーク良く働き、また、ひとりひとりが非常に活き活きとして働いています。
なぜならマグロ船は、病院もコンビニもない太平洋上で、40日以上も毎日同じ人と顔を合わせないといけません。極端なたとえですが、「この人はイマイチだから、新しい人を雇おう」ということができない職場環境にあります。
ですから、『あるモノ、いるヒトで何とかする』。そうした文化が根付いています。よって、船長以下、個々の漁師が、「この船(組織)にとって、自分にできることは何か?」を考えています。一見豪快でありながら、繊細な心遣いのあるマグロ船流のコミュニケーションのとりかたを習得していくのがこの講演です。

提供する価値・伝えたい事

【 期待できる効果 】
この研修では、下記のようなことが学べます。
1. 病棟でのコミュニケーションがより活発になる。
2.スタッフが今よりも「楽しい!」と感じて仕事をしてくれる。
3.「病棟」という場所が、「仲間の集まり」という場所に感じられる。
4.周りの人が、より言うことを聞いてくれ、組織の求心力が増す。
5.人の行動や言動にイライラしにくくなり、仕事のストレスが減らせる。

内 容

■ どうしたらマグロ船のように、「お互いを協力者」と思える風土をつくれるのか?

■ カンファレンスにも使える、みんなから意見を出してもらい、よりよい意志決定をするための誰でもできるひと工夫とは?

■ お互いに気持ちよく仕事ができるようになるために、誰でもできる簡単な声かけとは?

■ 自分とまったく性格や考え方が違う人にも、自分の意見を聞いてもらう方法とは?

■ 人にムッとされないアドバイスや注意のしかたとは?

■ たとえ筋違いな意見でも、感情的にならずに適切に対応できる聞き方とは?

スタッフからのコメント

過去にマグロ船に乗っておられた齋藤氏曰く、「マグロ船でのコミュニケーションというのは、実はどの世界よりもコミュニケーションが大切が必要である」と説かれています。

人と人とのつながりを重視したコミュニケーションの研修は、実際の病棟においてのコミュニケーションにすぐに使える内容であると高い評価をいただいております。

人と人のつながりを重視するということは、お互いを尊重し合うということで、それは職場の風土改革にも役立つと思います。

各病棟の雰囲気が変われば、病院全体の雰囲気も変わり、患者さんにも良い印象を与えると一石二鳥以上の効果があります。(石川有信)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.