「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

イチローの原点を知る男、田中将大を育てた男が語る!
指導者として伝えたいこと・・・

奥村幸治 おくむらこうじ

NPO法人ベースボールスピリッツ 理事長
パーソナル・トレーナー

想定する対象者

教職員・指導者

提供する価値・伝えたい事

1993年にイチロー選手(当時20才)が日本最多安打記録210安打達成のとき、(イチローの恋人とよばれ)専属打撃投手をしていた。
イチロー選手の原点となる19才〜20才の頃、毎日、寮・グランド・遠征先・食事をともに行動することで、なぜ、ここまでの一流選手になるのか、なれるのか。を間近で見てきた。
その考え方と意識、そして心・技・体のバランスがイチロー選手を支えていると肌で感じた。

子どもたちのモチベーションをUPさせるための具体的な方法をお教えします。
指導者として必要なのは本気です!
自分に足りない事を付かせる、必要な努力は何か。
時に熱く、時には距離をあけて、冷静に分析することが必要。

内 容

パーソナルトレーナーとしての視点と、中学生に野球を教える指導者としての視点。ふたつの実体験に基づく視点から、個々の能力を伸ばすトレーニング方法、強い心と身体をつくるための考え方、心構えを説きます。
また、身長168cmでありながらもプロ野球選手に挑戦しつづけた自身の体験。心・技・体のバランスに優れる天才打者イチローのエピソードを交えながら、子どもの能力を伸ばすポイントを話します。
野球を通じて、たくさんのメジャーリーガー、プロ野球選手に出会ってきました。打撃投手として、イチロー選手、新庄選手、松井稼頭央選手をサポートしました。3選手ともメジャーへ挑戦する前の若手のころでした。
中学生のクラブチームを結成してからは、駒澤大学付属苫小牧高等学校から楽天イーグルスに入団した田中将大がOBとして巣立っていきました。
のちのメジャーリーガー、プロ野球選手が日々どのような考え方をして、どのような行動をしていたかを実体験を交えてお話します。

<要点>
・「野球選手になる」という夢を追い続け、実現させた自身の体験談
・イチローをはじめとする、後のメジャーリーガーやプロ野球選手との出合いから学んだ多くのこと
・一流の選手は、愚痴・批判は言わない。自分の責任として考え、行動ができる。
・クラブチームを結成・指導する日々から得た“個々のの可能性の引き出し方”を説く。
・これまでの野球生活の中で体験した様々なエピソードを交えての実践的トレーニング法など

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.