「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

「減災」とは? 災害対策の具体例

中原弘之 なかはらひろゆき

元NPO法人副理事長
現場監督等育成指導・コンサルタント
住宅・マンション・検査員(性能評価員・その他)

想定する対象者

災害による被害を少なくするための方法を知りたい方

提供する価値・伝えたい事

私たちが生活をしている日本列島は、世界で最も災害が多発している地域のひとつです。
地域・企業の発展には人材が大切な財産であることも確信しております。
私が子供のころは「災害は忘れたころにやってくる」と言われていましたが、近年は地震だけではなく、水害、竜巻などの自然災害も多発しております。
青年期は青年会議所(JC)で活動し、その後、災害復興支援のNPO法人の副理事長として活動、現在も仕事と共に災害支援活動を全国で行っております。
青年会議所(JC)時代は「明るい豊かな街つくり」のスローガンの下、企業の発展と共に地域の活性化のために活動しておりました。
青年会議所(JC)等・様々な活動をされているメンバーの方々は、企業人(経営者並び管理職)としてだけではなく、地域人としても活動をされているリーダー的な存在てあると思います。
よって皆様には災害等に対する対策をご理解頂き、今後の活動、活躍に役立てて頂ければ幸いと思っております。

内 容

災害支援活動のため、多くの被災地訪問を致しました。その時の被災者の声、活動内容を含め、その実態の写真等(パソコン)を活用し体験談を交え、「減災」対策のいろはをお話させてい頂ければと思っております。

根拠・関連する活動歴

新潟県中越地震~熊本地震に至るまで、地震・水害等の被災地で災害復旧・復興への支援活動をさせて頂きました、建築専門家として、行政・社会福祉協議会・ボランティァセンター・その他災害支援団体等との協力の下活動していますので、一般ボランティアの方々では経験していない内容も含めお話しさせて頂きます。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.