「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

元刑事が語る!刑事の現場での安全管理術
~死ぬかもしれない!危機回避の極意~

森 透匡 もりゆきまさ

刑事塾塾長
経営者の「人の悩み」解決コンサルタント

想定する対象者

安全大会の参加者の方々(安全監督者、現場作業者の方々)

提供する価値・伝えたい事

刑事の仕事は不審者の職務質問、尾行・張り込み、任意同行、取調べなど多岐に亘りますが常に危険と隣り合わせです。自らが危険に晒されるケースはもちろんのこと、危険な現場に送り出す部下の安全管理、また護送中の犯人の安全管理など日頃から考えなければならないことが沢山あります。
 講師は刑事20年の経験の中で、また中級幹部(警部)としても多数の現場経験があります。東日本大震災では広域緊急援助隊の中隊長として原発の水素爆発に遭遇して避難誘導を指示したり、津波警報の中で捜索活動を指揮した経験もあります。普段は絶対に聞けない希少価値の高い話から安全管理の極意をお伝えします。

内 容

・刑事の現場は危険がいっぱい
・職務質問で相手から危害を加えられる
・任意同行中、犯人がビルから飛び降りた?
・取調べ中は机の上には何も置いてはいけない
・警察手帳を紛失して大騒動
・東日本大震災での捜索活動で学んだこと
・部下の不安を察知して幹部の役割を果たせ
・幹部はいちいち口に出して指示しろ
・刑事の裏話
 など

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.