「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

●「ほめる文化」のつくり方

武田斉紀 たけだよしのり

ブライトサイド株式会社 代表取締役
理念経営コンサルタント
産業能率大学兼任講師

想定する対象者

トップ/経営幹部/人事/採用/店長 ※対象別に内容をカスタマイズしてお話しします。
【★各種オンライン(ウェビナー)形式も臨機応変に対応できます】

提供する価値・伝えたい事

日本人や日本企業では、上司が部下を、また社員同士で互いをほめるのが下手、苦手と言われて久しいですが、その後も一向に「ほめる文化」が定着しているように見えません。グローバル化や多様な働き方が進むみ、定年引上げによってますます世代ギャップも進む中、「言わなくてもわかるだろう」では通用しません。頑張っても認められないのでは、社員はやる気をどんどんなくしてしまうばかりです。当プログラムでは、他社での成功事例も交えながら、「ほめる文化」のつくり方のノウハウを伝授します。

内 容

1. ほめると何がいいのか (受け手/ほめる側/周囲/会社)
2. ほめ方のバリエーション (バリエーション/毎日ほめる/上司から)
3. ほめる仕組み作り (報奨と人事評価/各々のポイント)
4. 効果は運用次第 (続ける/見直す)
5. ほめる文化構築スケジュール
※聴講されている方にもご意見をいただきながらなるべく2ウェイで進行します。
※全体時間が許せば、グループを作っての討議などアクティブ・ラーニングを取り入れて、参加者が自発的に学べる形を目指します。

根拠・関連する活動歴

前職である株式会社リクルートは日本の企業では珍しく社員をほめるのが実に上手な会社でした。一方、私自身が現在、理念経営コンサルタントとして理念浸透を進めるにあたって「ほめる文化」を築くことの大切さを日々感じています。ほめることは企業経営にとってどんな効果をもたらすのか。ほめるのが下手、苦手といわれる日本企業に「ほめる文化」を構築するためには、何から始めてどのように定着させていけばいいのか。これらを体系的にまとめ、コンサルティングで実践しています。関連著書に『行きたくなる会社のつくり方』(Nanaブックス)ほか。講演・セミナー・研修の講師としても数多く実績があります。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.