「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

【若手・中堅組合員向け】
折れない心(レジリエンス)を育てるための
「逆境の受け止め方」

加藤茜愛 かとうあかね

人材育成コンサルタント
元 ANA VIP担当 CAマネージャー

想定する対象者

・労働組合 若手~中堅組合員の方々

提供する価値・伝えたい事

「折れない心の育て方」をご存じですか?今、逆境から立ち直る力、「レジリエンス」に大きな注目が集まっています。多くの人が厳しい競争にさらされている現代。
「気持ち的に落ち込んだ時から、どう再起したか、どう上がったかという所を思い出していただきたいんです。・・・過去の体験を振り返る事によって、いかなる逆境も乗り越えられるという自信が、より良い人生へと導きます。

内 容

1.レジリエンスとは何か?
・これ以上はないという逆境において受け入れ、受け止め、自分のなかで消化する力

・自らの思考の癖に気づく、何かをきっかけに思考が変化する= 自覚して初めて鍛えられる


2.ありのまま、という事実を捉える⼒力力 ⇒ レジリエンスを鍛える基本
・実は、事実はひとつ、なのに、いい・悪い、白か黒か、すべて自分の思考が決めている


3. 自分と向き合う…あなたが許せないことはなんですか?人は誰ですか?
・(ワーク)自分の人生の谷を乗り越える(乗り越えた)体験

・その体験を乗り越えたのは…何かが、誰かが、軽くしてくれた?

・大切切なことはすべて「〇〇」が教えてくれる
 →自分が⼀一番輝いていた頃、思いを叶えた体験
 →自分が自分らしく、打ち込めること 時間・五感を豊かに活用できること


4.レジリエンスをはぐくむために「反応せずに対応する」レッスン
・鏡の法則:心を鍛えるための考え方 (レジリエンス強化)
 環境は自分の心の鏡  目の前の人は自分の心の鏡

・自分だけ思考
①落ち込んでいるとき「その事実」へ落ち込み →堂々巡りで抜け出せなくなる
② 客観的な自分を見見つめて更に「落落ち込み」 →責任ある立場、自分を確立している人の傾向

スタッフからのコメント

『レジリエンス』…この言葉をどのように受け止めておられますか?
長年、接客・人材育成・営業・企画と様々な場面を経験し、その中で当然、自分にとって不本意・困難であったり、腑に落ちなかったり、人生が嫌になるような辛さも、皆さんと同じように感じてきました。
それでも『自らの力で克服していけるちょっとしたコツ』であったり『考え方の癖』に気づくことで、どんな場面でも「起こることすべてに意味あり」と捉えられるようになりました。まさに「私たちが社会の中のあらゆる場面で活躍していくために不可欠な能力「レジリエンス」について、ご一緒に学び、自分の生きる力を底上げしていきませんか?
人生に必要なのは、困難を力ずくで『跳ね返す強さ』ではなく『しなやかに受け止める強さ』です。(労組マーケット担当:紀三井省次)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.