「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

AI時代に必要な非認知スキル
ゴードン博士のコミュニケーションから学ぶ

瀬川文子 せがわふみこ

日本プロフェッショナル講師協会認定講師
女性活躍推進コンサルタント
コミュニケーションアドバイザー                            
アンガ―マネージメントファシリテーター   
エニアグラムアドバイザー、絵本作家

想定する対象者

AI時代に子どもたちを教育する教師や親

提供する価値・伝えたい事

これからのの時代に生きる子どもたちに必要なのはIQや学力テストで計算される認知できる能力ではなく、測定が難しい集中力、忍耐力、協調性などの非認知スキルだと言われています。これらの能力を伸ばすためには土台にコミュニケーション力が欠かせません。教師がコミュニケーションの取り方のモデルを見せる必要があります。具体的に身に付くコミュニケーショントレーニングであるゴードン博士のプログラムのエッセンスを体験型でお伝えします。

内 容

1)非認知スキルとは
2)共感力や協調性を育てるために大人ができること
3)ゴードン博士のコミュニケーションとは
4)言語によるコミュニケーションの落とし穴を体験やロールプレイ
5)自己表現できる子どもに
6)教師の自己表現スキルを高める
7)子どもが悩んでいる時に共感しながら聞くことの大切さ
8)共感的聞き方のロールプレイ
9)対立が起きた時のコミュニケーションスキルと話し合いの方法

根拠・関連する活動歴

22年間にわたり、親子、教師と生徒、上司と部下などとのコミュニケーションの取り方について、ゴードン博士のプログラムを提供している。心理学に基づいた伝え方、聞き方を変えるだけで、相手のやる気、思いやり、自尊感情など非認知能力が上がることを現場で実感している。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.