「はじめてのChatGPT」<入門編>
~業務の効率向上や新しいアイディアの発見~

長野利雄 ながのとしお

経営伴走パートナー
プラネット行政書士事務所 代表
(公財)千葉県産業振興センター 業務推進マネージャー(兼職)

想定する対象者

企業・団体の業務でChatGPTを導入したい経営者・経営層で、まだ具体的にChatGPTでどのように業務効率が向上できるか、イメージがわかない人

提供する価値・伝えたい事

ChatGPTの紹介から使用上の注意点、使い方、そしてビジネスでの活用方法まで、幅広い情報を提供いたします。実際のデモとワークを通じて、参加者が手軽にChatGPTを利用できるように案内します。

内 容

・ChatGPTの紹介
・ChatGPTの使用上の注意点
・ChatGPTの使い方
・ChatGPTをビジネスで活用する方法
・ChatGPT Plusの紹介
※ワークでは、ChatGPT(無料版)を利用しますので、有料版の登録は不要です

根拠・関連する活動歴

士業の中で、AIに代替される可能性が1番高いのは「行政書士」と言われています。
代替可能性が高いということは、行政書士が業務にAIを活用して生産性を向上できる、ということです。よって、当事務所では業務にAIを活用しておりますので、AIの専門家・エンジニアの立場ではなく、ユーザーとしての視点で活用方法を学べるワークショップをご提供しております。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.