企業の決算書から自社・取引先の経営実態を読み取る力は、経営者にとっては必要不可欠です。また、構造変化、市場変化という新しい波に対応するための視点と先読みの財務戦略を構築しなければなりません。財務を理解し、企業を優良企業へと導くための具体的戦略をお教えします。

「中小企業の資金繰りセミナー」
中小企業の資金繰りがよくなる3つの決め手

黒川 明 くろかわあきら
税理士

決算書の作り方や、銀行の付き合い方、資金繰りを有利にする方法など、中小企業の経営者の方々が本当にお困りの事柄について、親身にわかりやすく解説。セカンドオピニオンの立場でアドバイスを求められることも多数。これまでにない、税理士による会計経営塾セミナーが評判を呼んでいる。

資金繰りの改善方法や、銀行との付き合い方のコツを知ることで、中小企業の社長を資金繰りのプレッシャーから少しでも解放したい、という思いでおります。 これらの知識を知ることで、出来上がる決算書もいつもと違… (続きを読む)

どんぶり社長にならないための
~以外と見えない会社でのお金の流れ~

濵田 透 はまだとおる
顧問先に笑顔と満足をお届けする税理士

流通系カード会社の取立担当として入社2ヶ月目で支店トップの成績(回収率)を上げ、異動までの約2年ほぼ支店トップの回収率をキープ。その後、税理士事務所勤務を経て独立。コネ・金・仕事なしの3重苦を乗り越え、現在は約40社の顧問先に対して税務を主体に経営全般を支援。研修も好評を得ている。

税理士として開業しましたが、開業当初は人脈に乏しくまた 誰に相談していいかも分かっていませんでした。 なかなか思うように顧問先が増えない中で資金とショートしそうな 経験もしました。 自分自身が苦労した… (続きを読む)

財務分析と企業価値評価の基礎

川口宏之 かわぐちひろゆき
公認会計士
早稲田大学会計大学院非常勤講師
独自の図を用いた会計セミナーが、多数のビジネスパーソンから「財務諸表が簡単に読めるようになった」と評判。そのセミナー内容をまとめた書籍『決算書を読む技術』(かんき出版)を2013年1月に上梓。財務諸表や難しい会計理論を図解で分かりやすく説明することに定評がある。

経営意思決定において重要な指標となる企業価値の評価手法をお伝えするとともに、ROA、ROE、フリー・キャッシュ・フローなどの経営上の重要な指標の意味や使い方、そして、これらを踏まえて企業価値を向上させ… (続きを読む)

合わせて読みたい

商工会60周年記念講演 おすすめ講師提案

創立60周年おめでとうございます。 さて、全国の商工会様より今…

【2日間に渡るオンライン研修実施しました】~経済団体向け講演プラン~

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で緊急事態宣言が出された中、…

AI・ICTがおよぼす今後の経営とは!?~経済団体向け講演プラン~

オックスフォード大学で人工知能を研究する教授が発表した、AI(…


 他の記事をみる