コミュニケーションスキル不足が課題

渉外担当の若手組合員を対象とした「ビジネススキルアップセミナー」の事例を紹介します。企画担当者の方から「若手社員のコミュニケーションスキル不足を課題に感じています。特に渉外担当者は、取引先の求めるニーズを引き出したり、提案することに苦労しているようです。取引先が求めるニーズは多様化し、いかにニーズにマッチした提案ができるかが求められています。今回のセミナーは、ビジネスコミュニケーション能力のスキルアップ向上の機会とし、組合員一人ひとりのキャリア開発を支援したい。」とご要望を頂きました。

そこで提案させて頂いたのは「雑談力」の習得です。「雑談」は 仕事でもプライベートでも、非常に効果的なコミュニケーションを演出してくれます。意味のある「雑談」は、人間関係を築く手段となります。そんな「雑談力」を身に付けて頂く為、講師には、プレゼンテーションコンサルタントの新名史典さんをご紹介させて頂きました。

雑談でお客様との関係を築く

「雑談って何を話していいかわからない…」「私はそんなに話題をたくさん持っていない…」と多くの方が雑談に苦手意識を持たれています。しかし、雑談は知識の披露ではありません。相手との距離を近づけるための会話なのです。雑談が会話の潤滑油となり、お互いの距離と知覚することができれば、人間関係が築きやすくなります。初対面の相手にも対応できる反応方法を身に付け、人間関係を築く方法をワークを通じて学べる大変楽しいセミナーとなっています。

企画担当者・参加者の声

受講者アンケート結果より、渉外活動の中で使える「見せ方、聞き方」などが参考になったという意見がありました。 交渉の入口となる雑談力を磨くことが出来、ビジネススキルアップという目的を達成しました。

雑談を使ってコミュニケーションを円滑にする!
~ 初対面でも距離を近づける雑談の極意 ~

新名史典 しんみょうふみのり
プレゼンテーションコンサルタント
組織開発コンサルタント
わかりにくいことをわかりやすく、言いたいことをしっかり強調して「わかりやすい説明術」を伝授するプレゼンテーション専門コンサルタント。「伝わる、伝える」ビジネスコミュニケーションとプレゼンテーションが専門。社内外への報告や商談、会議運営を含めプレゼンテーションスキルに悩む方々必聴。