「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

塚本こなみ (K-14766)

  • HOME »
  • 塚本こなみ (K-14766)

塚本こなみ つかもとこなみ

樹木医 はままつフラワーパーク 理事長

日本初の女性樹木医であり、地方のフラワーパークを年間100万人の集客を誇る人気スポットに再生させた異色の経営者。徹底したお客目線で来場者を魅了し、リピーターを続々と生み出す「感動分岐点経営」という独自の経営手腕、「人をやる気にさせる改革断行のリーダーシップ」が注目されている。

経営者・元経営者

塚本こなみのプロフィール

■職歴・経歴
1949年 静岡県磐田市生まれ
1971年 22歳で造園業を営む塚本明氏と結婚。ご主人の仕事を手伝う中で、樹木の世界に魅了され、自身も一級造園施工管理技士取得。
1984年 樹木、緑地の育生管理会社「グリーンメンテナンス」設立
1992年 女性初の樹木医資格取得
1993年 造園コンサルティング会社「環境緑化研究所」設立
1994年 過去4年間、大藤移植の引き受け手が見つからず難航していたオーナーからの依頼を受諾。
1996年 2年間の試行錯誤の末、見事、あしかがフラワーパークの大藤移植を成功させる。以後、藤の専門家として、フラワーパークの再生人として業界中で注目される。
1999年 あしかがフラワーパーク 園長に就任。就任後、経営難の同パークを僅か1年間で黒字化を実現。その後、日本一の来園者とする。
2013年 はままつフラワーパーク 理事長に就任。同パークでは、理事長就任前まで30万人に満たなかった来場者が2年間で77万人に急増。徹底したお客目線で来場者を魅了し、リピーターを続々と生み出す「感動分岐点経営」という独自の経営手腕が注目される。また、公益財団法人浜松市花みどり振興財団理事長を務めている。さらに、経営改革は人材改革とし、従業員のやる気を引き出す独自の仕組みを構築。園内では、定年退職した地元のシルバー人材が、アルバイトやボランティアとしてやりがいを持ってイキイキと働いている。

■メディア出演
2006年 NHK「プロフェッショナル」
2015年 テレビ東京「カンブリア宮殿」

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別