「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

南雲明彦 (K-7927)

  • HOME »
  • 南雲明彦 (K-7927)

南雲明彦 なぐもあきひこ

明蓬館(めいほうかん)高等学校 共育コーディネーター

21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

医療・福祉関係者
教育・青少年育成 福祉・介護 人権・平和

南雲明彦のプロフィール

■職歴・経歴
1984年11月 新潟県湯沢町生まれ
2006年 3月 美川特区アットマーク国際高等学校卒業
2007年 4月 株式会社アットマーク・ラーニング入社
2008年 4月 学習コーチアカデミー 特別研究生として所属
2009年10月 内閣府認定特区明蓬館高等学校 共育コーディネーターとして所属
2012年 9月 人間力大賞2012 「厚生労働大臣奨励賞」、「東京商工会議所奨励賞」受賞
2015年 2月 内閣府「障害者差別解消支援地域協議会の在り方検討会」委員就任
2015年 4月 社会福祉法人南魚沼福祉会「相談支援センターみなみうおぬま」相談員(非常勤)
2017年 1月 内閣府「障害者差別解消支援地域協議会の設置等に向けた検討会」委員就任
■ディスレクシアとは
知的な遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算するなどの能力のうち特定のものができないのが「学習障害」で、中枢神経に何らかの機能障害があると推定される。このうち特に読み書きに困難を伴う場合を「ディスレクシア」という。ギリシャ語の「できない」(dys)と「読む」(lexia)に由来する。耳から入る情報、目から入る情報などを正確に自動的にすばやく処理できないことから起こる。
■主な著作物等
『治ってますか?発達障害』(南雲明彦+浅見淳子著/花風社)
『LDは僕のID~字が読めないことで見えてくる風景』(南雲明彦著/中央法規出版)
『断ちきれない絆~読字障害(ディスレクシア)・南雲明彦発言集』(小菅宏著/宝島社)
『泣いて、笑って、母でよかった~読字障害・南雲明彦と母・信子の9200日』(小菅宏著/WAVE出版)
『僕は、字が読めない。~読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年』(小菅宏著/集英社)
■テレビ出演・マスコミ活動等
「あさイチ」(NHK)
「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ)
「情報プレゼンター とくダネ!」(フジテレビ)
「ハートをつなごう」(NHK教育テレビ)
四国放送
読売新聞
毎日新聞
朝日新聞
新潟日報
福祉新聞
西多摩新聞
茨城新聞 北陸中日新聞 他多数

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
人権啓発講演会

<受講者への貢献> 当事者として、自身の体験や経験部分は非常に興味深く....

大阪府
2018/08月
官公庁
人権問題講演会

<受講者への貢献> 具体的な課題と私たちがどう関わっていくべきかなど、....

長崎県
2018/08月
官公庁
「こころの日」記念講演会

<受講者への貢献> 聴講者の反応が好評で、精神科看護のイベントとしてと....

高知県
2018/08月
医療・福祉
人権教育研修会

<受講者への貢献> 具体的な課題や接し方、子どもたちのために何ができる....

岡山県
2018/08月
教育委員会
民生委員児童委員大会

<受講者への貢献> 普段馴染みのないテーマでの講演でしたので、「とても....

三重県
2018/07月
医療・福祉

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

教育・青少年育成 子どもたちのSOSを見逃さない
~学習障害から考える未来~

子どもたちは何らかの形で大人にSOSを出しています。そのサインに大人は気づかない時があります。子どももどのようにサインを出していいかわからない時があります。それでも、子どもという時代に自分の気持ちをわ...

プランへ移動

福祉・介護 学習障害が教えてくれたこと
~寄り添う心の大切さ~

10代後半に精神障害を発症し、21歳で学習障害とわかりました。精神障害は過去のものとなりました。それらの経験を通じて、たくさんの人たちと出会いました。その中には忘れることができない人がいます。自分の未...

プランへ移動

人権・平和 学習障害から考える共生社会
~多様性を大切にする未来へ~

21歳で学習障害とわかってから、「障害」や「健常」について考えるようになりました。「普通」という目に見えない物差しで人をはかり、「この人は普通」「この人はそうじゃない」と判断してしまうと「同じ人間であ...

プランへ移動

教育・青少年育成 学習障害から考える「居場所」
~安心して学校や教室で過ごすために~

特別支援教育が始まってから、子どもにとって学びやすい環境が増えてきました。そこで改めて考えてみたいことがあります。学校や教室で安心して過ごすために必要なものは「居場所」です。居場所があるということは、...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

LD(学習障害)のディスレクシア(読字障害)当事者の立場から、啓発活動を行っている稀有な存在として注目を集めている。
障がい理解のみならず、講演内容は親子・子育て・教育問題に通じるところが多く、
教職員や保護者、生徒、地域住民などに向けての講演依頼が多い。
また、福祉保健サービスに対する課題も含まれるため、福祉関係などの講演実績も多い。
「自分の言葉で、明るくお話されていた」「いろいろな苦難があったと思うが、それを乗り越えて、体験をおはなしされ、わかりやすい言葉だったので、心に響いた」「LD当事者の話を聞く機会がなかなかないので、小さい頃から、思春期、大人になるまでの経験を聞かせてもらえ、生の声が受講者にとっては、とても身にしみたようでした。」「これらの経験を聞いて、周囲がどう接すればいいのかヒントになりました。」「実際に自分の体験されてきた辛さを、子供たちに、人権教育という立場から実際に体感してもらい理解してもらおうという講演スタイルがとてもわかりやすく、胸打たれるものがありました。」などの感想が多く寄せられています。
教職員組合、インクルーシブ教育研究委員会、人権を尊重する市民の集い、学校保健会研修会、障がい者地域生活支援センターバリアフリー講演会、障がい者福祉センター 発達支援センター、子ども達の健やかな成長を願う集い、 PTA連合会母親研修会、 特別支援教育を考える会、 障害者総合相談センター、青少年育成大会 保護者と教職員の会 などの会合実績多数。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別