「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

講師一覧結果(実績順)

  • HOME »
  • 講師一覧結果(実績順)

福祉・介護の人気講師

弊社での実績の多い方順でご紹介します。

久田直子 ひさだなおこ

元NHK「きょうの健康」キャスターNHK「TVシンポジウム」医療シンポジウム司会

医療・福祉関係者

NHK Eテレの健康情報番組「きょうの健康」司会を15年間続けてきました。話を聞いた医師、医療、介護関係者700人以上。生活習慣病、認知症、がん、女性の健康、高齢者の食事と運動、セカンドオピニオンの取り方や医師からの話の聞き方、医療情報の取り方など、幅広いテーマでお話しできます。

講師プロフィールへ移動

南雲明彦 なぐもあきひこ

明蓬館(めいほうかん)高等学校共育コーディネーター

医療・福祉関係者

21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

講師プロフィールへ移動

三遊亭多歌介 さんゆうていたかすけ

落語家

タレント・芸能関係者

東京生まれの江戸っ子噺家。親の仕事の関係(建設関係)で幼少の頃は鹿児島~埼玉県越谷にて成長し、学生の頃より人を笑わせる快感を覚え、中学にて落研を創設。母校(春日部共栄)では現在でも落語会を開催し、生徒たちに落語・大喜利・古典芸能を師事している。独演会も全国にて多数開催。

講師プロフィールへ移動

中澤まゆみ なかざわまゆみ

ノンフィクション・ライター

評論家・ジャーナリスト 教育・子育て関係者 実践者

介護をきっかけに、医療と介護、福祉分野へ。徹底的な現場の取材と情報収集をもとに、「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」伝えたい、というのがモットー。講演では「老後の不安を安心に変える知恵と工夫」と、「在宅医療」の可能性について解り易く伝える。

講師プロフィールへ移動

さくらいりょうこ さくらいりょうこ

人生を奏でる講演家フルート・オカリナ奏者

音楽・芸術関係者

音大卒業後、将来を嘱望されるフルーティストとして活動の途上、難病「クローン病」発症。苦難の闘病から、数々の貴重な気づきと運命に負けない強さを授かる。その後「奇跡の演奏家」として復帰。慈愛に満ちたトークとオカリナ演奏のステージは1500回を超え、客席は常に感動と感謝の声に包まれる。

講師プロフィールへ移動

日向亭 葵 ひなたていあおい

お笑い理学療法士おしゃべりテーションの会 代表

タレント・芸能関係者 実践者 医療・福祉関係者

落語とリハビリを融合した、いつでもどこでも器具を使わず安全にできる、想像力を使ったリハビリ「エアリハ」を考案。身体の仕組みを専門的に解説しつつも、笑いで聴衆を惹きつけ、「一生モノの笑顔と健康を提供し、充実した人生のために夢や希望を実現して頂く」ことをモットーとしている。

講師プロフィールへ移動

森山佐恵 もりやまさえ

生活習慣研究所 所長

医療・福祉関係者

医療現場の最前線で30年間活躍する現役ナース。臨床での指導・看護を通じて生活習慣病への無関心さに警笛を鳴らしてきた。生活習慣研究所所長として「生活習慣病予防促進」と「ビジネス社会でのメンタルヘルスケア指導に尽力。医療現場で培われた経験に基づく講演を20年、各地で好評を博している。

講師プロフィールへ移動

岩崎順子 いわさきじゅんこ

いのちの講演家(公財)和歌山県人権啓発センター登録講師

医療・福祉関係者 教育・子育て関係者 実践者

幼い3人の子を残し、自宅でガンのため他界した夫を看取った体験談が心の深いところに届くと感動を呼び、子ども、親子、高齢者、人権、心、生と死、生きる力、認知症の向こう側にある心、災害を通しての絆について、全国での講演回数は900回を超える。著書『ガンが病気じゃなくなったとき』(青海社)

講師プロフィールへ移動

鎌田 敏 かまたびん

こころ元気配達人こころ元気研究所 所長

コンサルタント

豊かな人間関係や生きていることの素晴らしさ、心の豊かさ、生き甲斐を、明るい人生の態度と心の健康の大切さを通じて広く訴えかけている。出逢いに感謝し、元気配達を使命とし、笑顔と元気を分かち合うべく、分かりやすく・楽しく・ためになる講演を行っている。

講師プロフィールへ移動

陽 信孝 みなみのぶたか

元 萩市教育長

教育・子育て関係者

自らもガンと闘いながら、アルツハイマーの妻を12年間介護。迫り来る死の影に怯むことなく、闘病・介護を続け、4000日余りにも及んだ老老介護の軌跡を、著書『八重子のハミング』にまとめて出版。アルツハイマー病についての理解、家族の絆など、体験者でしか語り得ない講演は必聴。

講師プロフィールへ移動

落合恵子 おちあいけいこ

作家クレヨンハウス主宰

作家

「書く」だけでなく「行動する」社会派作家として名高い。子ども・高齢者・女性等、社会構造的に声の小さい側に寄り添った作品多数。講演テーマは、人権を主軸に男女共同参画、育児、教育、介護、食の安全など多岐。また、子どもの本専門店クレヨンハウス、女性の本専門店ミズ・クレヨンハウス主宰。

講師プロフィールへ移動

桂 こけ枝 かつらこけし

落語家

タレント・芸能関係者

古典・創作落語はもとより、落語の魅力をオペラ、芝居、人権、子育て、福祉、健康など幅広いジャンルに持ち込み、全国に多くのファンを持つ落語家。人を引き込む独特の風貌とほのぼのとした語り口が特徴。人権や健康落語と巧みなトークで構成する講演会も各地で好評。

講師プロフィールへ移動

生島清身 いくしまきよみ

行政書士社会人落語家(天神亭きよ美)

タレント・芸能関係者 弁護士・法律関係者 コンサルタント

着物好きが高じプロの噺家に上方落語を習う。行政書士開業後、遺言・家族をテーマの落語「天国からの手紙」を創作し落語講演を始める。法律の専門家+社会人落語家+不妊治療経験者という3つの個性を組み合わせて、言いにくいことも笑いに包んで優しい語り口でお話します。

講師プロフィールへ移動

太田差惠子 おおたさえこ

介護・暮らしジャーナリストファイナンシャルプランナーNPO法人パオッコ理事長

評論家・ジャーナリスト

仕事と介護の両立に悩む男女が増えています。企業としては大切な人材を失いかねず、個人としては生活設計が根底から崩れかねません。20年にわたる取材活動より得た豊富な事例を基に、「ワークライフバランス/仕事と介護を両立させる知恵」をお伝えします。

講師プロフィールへ移動

望月美由紀 もちづきみゆき

つくり笑顔アドバイザー

タレント・芸能関係者 医療・福祉関係者

笑いの天使クラウン(道化師)として20年近く活動中。自身のうつ病をきっかけに免疫学を学び、笑いの重要性を再認識する。夫の入院・死をきっかけに、患者と看病する家族の心のケアの大切さを痛感。「全ての人を笑顔に!」のポリシーでクラウンの活動を行っている。

講師プロフィールへ移動

三橋尚伸 みつはししょうしん

真宗大谷派 僧侶産業カウンセラー

医療・福祉関係者 教育・子育て関係者

仏教とカウンセリングの融合を通し、本来人間が備え持つ成長する力を呼び起こし、多くの人々の心に健康を施す有髪の尼僧。僧侶とカウンセラーという二つの顔を使い分け、職場・家庭において心の病や問題を抱えて苦しむ人々を優しく癒す。自然なかたちで明日への自己活力を促す指導法が好評。

講師プロフィールへ移動

林家笑丸 はやしやえみまる

落語家芸人

タレント・芸能関係者

落語界屈指の多芸な落語家。NHK朝ドラ『わろてんか』指導と出演。楽しい「落語140席」、楽器を使った「ウクレレ落語」、紙を見ずに切る「後ろ紙切り」、後ろ向きで踊る「後ろ面」など、様々な芸の持ち主。芸人ならではの「落語と芸を盛り込んだ楽しい講演」は、老若男女に喜んで頂けます。

講師プロフィールへ移動

中田敬司 なかたけいじ

神戸学院大学現代社会学部社会防災学科教授

大学教授・研究者 コンサルタント

講師プロフィールへ移動

三遊亭楽生 さんゆうていらくしょう

落語家

タレント・芸能関係者

6代目三遊亭円楽の総領弟子。2001年二つ目昇進、08年真打昇進。隔月で、深川江戸資料館にて独演会を開く他、定期的な勉強会を精力的に開催。本格的な古典落語を演じ、声量の豊かさとメリハリの利いた高座が特徴。出囃子 元禄花見踊り前弾き。

講師プロフィールへ移動

金子稚子 かねこわかこ

終活ジャーナリストライフ・ターミナル・ネットワーク代表

医療・福祉関係者

流通ジャーナリスト故金子哲雄の妻。夫の死後、『僕の死に方 エンディングダイアリー500日』(金子哲雄著)でも執筆・編集制作補助に携わる。近著『金子哲雄の妻の生き方』『死後のプロデュース』。終末期から臨終さらに死後まで、「命の始末」と向き合う経験から得たことを伝える活動をしている。

講師プロフィールへ移動


講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別