「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

講師一覧結果(実績順)

  • HOME »
  • 講師一覧結果(実績順)

福祉・介護の人気講師

弊社での実績の多い方順でご紹介します。

南雲明彦 なぐもあきひこ

明蓬館(めいほうかん)高等学校共育コーディネーター

医療・福祉関係者

21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

講師プロフィールへ移動

中澤まゆみ なかざわまゆみ

ノンフィクション・ライター

評論家・ジャーナリスト 教育・子育て関係者 実践者

介護をきっかけに、医療と介護、福祉分野へ。徹底的な現場の取材と情報収集をもとに、「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」伝えたい、というのがモットー。講演では「老後の不安を安心に変える知恵と工夫」と、「在宅医療」の可能性について解り易く伝える。

講師プロフィールへ移動

三遊亭多歌介 さんゆうていたかすけ

落語家

タレント・芸能関係者

東京生まれの江戸っ子噺家。親の仕事の関係(建設関係)で幼少の頃は鹿児島~埼玉県越谷にて成長し、学生の頃より人を笑わせる快感を覚え、中学にて落研を創設。母校(春日部共栄)では現在でも落語会を開催し、生徒たちに落語・大喜利・古典芸能を師事している。独演会も全国にて多数開催。

講師プロフィールへ移動

森山佐恵 もりやまさえ

生活習慣研究所 所長

医療・福祉関係者

医療現場の最前線で30年間活躍する現役ナース。臨床での指導・看護を通じて生活習慣病への無関心さに警笛を鳴らしてきた。生活習慣研究所所長として「生活習慣病予防促進」と「ビジネス社会でのメンタルヘルスケア指導に尽力。医療現場で培われた経験に基づく講演を20年、各地で好評を博している。

講師プロフィールへ移動

さくらいりょうこ さくらいりょうこ

人生を奏でる講演家フルート・オカリナ奏者

音楽・芸術関係者

音大卒業後、将来を嘱望されるフルーティストとして活動の途上、難病「クローン病」発症。苦難の闘病から、数々の貴重な気づきと運命に負けない強さを授かる。その後「奇跡の演奏家」として復帰。慈愛に満ちたトークとオカリナ演奏のステージは1500回を超え、客席は常に感動と感謝の声に包まれる。

講師プロフィールへ移動

鎌田 敏 かまたびん

こころ元気配達人こころ元気研究所 所長

コンサルタント

豊かな人間関係や生きていることの素晴らしさ、心の豊かさ、生き甲斐を、明るい人生の態度と心の健康の大切さを通じて広く訴えかけている。出逢いに感謝し、元気配達を使命とし、笑顔と元気を分かち合うべく、分かりやすく・楽しく・ためになる講演を行っている。

講師プロフィールへ移動

落合恵子 おちあいけいこ

作家クレヨンハウス主宰

作家

「書く」だけでなく「行動する」社会派作家として名高い。子ども・高齢者・女性等、社会構造的に声の小さい側に寄り添った作品多数。講演テーマは、人権を主軸に男女共同参画、育児、教育、介護、食の安全など多岐。また、子どもの本専門店クレヨンハウス、女性の本専門店ミズ・クレヨンハウス主宰。

講師プロフィールへ移動

長崎圭子 ながさきけいこ

NHK福祉番組アドバイザー

医療・福祉関係者

19歳で交通事故に遭い障害者に。その後社会復帰を果たし、2001年から11年間、NHKラジオ第二「ともに生きる」のキャスター兼契約ディレクターとして活躍。現在は、福祉番組アドバイザーとして制作に携わる一方、地震など自然災害による被災障害者支援のNPO団体「ゆめ風基金」にて活動中。

講師プロフィールへ移動

石川結貴 いしかわゆうき

ジャーナリスト

作家 評論家・ジャーナリスト

一貫して家族問題を取材し、現場にこだわり自分の目と足を使って多くの実例と向き合ってきた。複雑化する家族の現状、子どもに起きている異変、学校と保護者の関係づくりなど、机上論ではなく具体論を提示する。2人の男の子を育てた自身の経験からも、現実的な視点を大切にしている。

講師プロフィールへ移動

陽 信孝 みなみのぶたか

元 萩市教育長

教育・子育て関係者

自らもガンと闘いながら、アルツハイマーの妻を12年間介護。迫り来る死の影に怯むことなく、闘病・介護を続け、4000日余りにも及んだ老老介護の軌跡を、著書『八重子のハミング』にまとめて出版。アルツハイマー病についての理解、家族の絆など、体験者でしか語り得ない講演は必聴。

講師プロフィールへ移動

岩崎順子 いわさきじゅんこ

いのちの講演家(公財)和歌山県人権啓発センター登録講師

医療・福祉関係者 教育・子育て関係者 実践者

いのち、人権、心、子ども、親子、高齢者、生と死、生きる力、認知症の向こう側にある心、災害を通しての絆について北海道から山口県まで全国での講演はおかげさまで900回以上になりました。原稿を持たず体験に基づく内容を心に届くありのままの言葉と笑顔で堅苦しくなく講演させていただきます。

講師プロフィールへ移動

小山久子 こやまひさこ

笑顔が一番のミュージックセラピスト

医療・福祉関係者

介護家族として、認知症の実母に13年間寄り添った経験を機に、ミュージックセラピスト福祉レクリエーションワーカーに転職。講演では、現場での豊富な経験に基づき、介護する人もされる人も共に笑顔で楽しむことができる 、「介護を快互に変える方法」を実践を交えてわかり易く伝える。

講師プロフィールへ移動

桂 こけ枝 かつらこけし

落語家

タレント・芸能関係者

古典・創作落語はもとより、落語の魅力をオペラ、芝居、人権、子育て、福祉、健康など幅広いジャンルに持ち込み、全国に多くのファンを持つ落語家。人を引き込む独特の風貌とほのぼのとした語り口が特徴。人権や健康落語と巧みなトークで構成する講演会も各地で好評。

講師プロフィールへ移動

金子稚子 かねこわかこ

終活ジャーナリストライフ・ターミナル・ネットワーク代表

医療・福祉関係者

流通ジャーナリスト故金子哲雄の妻。夫の死後、『僕の死に方 エンディングダイアリー500日』(金子哲雄著)でも執筆・編集制作補助に携わる。近著『金子哲雄の妻の生き方』『死後のプロデュース』。終末期から臨終さらに死後まで、「命の始末」と向き合う経験から得たことを伝える活動をしている。

講師プロフィールへ移動

太田差惠子 おおたさえこ

介護・暮らしジャーナリストファイナンシャルプランナーNPO法人パオッコ理事長

評論家・ジャーナリスト

仕事と介護の両立に悩む男女が増えています。企業としては大切な人材を失いかねず、個人としては生活設計が根底から崩れかねません。20年にわたる取材活動より得た豊富な事例を基に、「ワークライフバランス/仕事と介護を両立させる知恵」をお伝えします。

講師プロフィールへ移動

望月美由紀 もちづきみゆき

つくり笑顔アドバイザー

タレント・芸能関係者 医療・福祉関係者

笑いの天使クラウン(道化師)として20年近く活動中。自身のうつ病をきっかけに免疫学を学び、笑いの重要性を再認識する。夫の入院・死をきっかけに、患者と看病する家族の心のケアの大切さを痛感。「全ての人を笑顔に!」のポリシーでクラウンの活動を行っている。

講師プロフィールへ移動

ESPERANZA えすぺらんさ

アーティスト

音楽・芸術関係者

挫折から社会復帰に至るまでの「出逢い」「励まし」「自分ひとりで生きているのではないこと」等、コンサートで語る自身の経験は、幅広い年代の共感を呼び、夢と希望と勇気を贈り続けている。どんな困難も乗り越え、未来への希望に繋がるエスペランサのメッセージトークコンサートは各地で好評。

講師プロフィールへ移動

國森康弘 くにもりやすひろ

写真家フォトジャーナリスト

評論家・ジャーナリスト

神戸新聞社記者を経てイラク戦争を機に独立。イラク、ソマリア等の紛争地や経済貧困地域を回り、国内では戦争体験者や野宿労働者、東日本大震災被災者の取材を重ねる。テーマは命の有限性と継承性。近年では滋賀県や東北被災地等で看取り、在宅医療、地域まるごとケアの撮影に力を入れている。

講師プロフィールへ移動

中田敬司 なかたけいじ

神戸学院大学現代社会学部社会防災学科教授

大学教授・研究者 コンサルタント

講師プロフィールへ移動

大村 崑 おおむらこん

俳優

音楽・芸術関係者

大久保怜氏に師事。テレビ「番頭はんと丁稚どん」などに出演し、一世を風靡。大塚製薬オロナミンCのCMなどで、子どもから大人まで幅広い層に好かれる国民的タレントとしての地位を確立する。また、講演活動で全国を駆け回るほか、夫婦で唄とおしゃべりの“YOKON SHOW”も人気を博す。

講師プロフィールへ移動


講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別