()

  • HOME »
  • 石川結貴 (K-7949)

石川結貴 いしかわゆうき

ジャーナリスト

家族・教育問題、青少年のインターネット利用、児童虐待、子どもの貧困、ヤングケアラー、介護問題などをテーマに取材。豊富な取材実績と現場感覚をもとに、多数の話題作を発表。出版のみならず、専門家コメンテーターとしてのテレビ出演、全国各地での講演会など幅広く活動中。日本文藝家協会会員。

作家 評論家・ジャーナリスト
福祉・介護 教育・青少年育成 男女共同参画
♥お気に入り
この講師に依頼・相談
講師がお気に入りに登録されました
講師がお気に入りから除外されました

石川結貴のプロフィール

スマホやネットがもたらす数々の社会現象を追い、利便性の背後にある新たな問題を提起した『スマホ廃人』(文藝春秋)は国公立大学入試問題に採用、中国でも翻訳出版されている。虐待や貧困に苦しむ子どもたちの実態を追った『ルポ 子どもの無縁社会』(中央公論新社)、『ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち』(筑摩書房)は、大きな反響を呼んだ。また、親との関係性に苦しみながらも介護を担う子世代の現実を報告する『毒親介護』(文藝春秋)、自身の在宅看取り経験を綴った『家で死ぬということ~ひとり暮らしの親を看取るまで』(同)などの著作では、現行の医療や介護、社会保障制度の問題も追及している。
■主な著書
『スマホ危機 親子の克服術』(文藝春秋)
『スマホ廃人』(文藝春秋)国公立大学入試問題採用作品/中国で翻訳出版
『子どもとスマホ―おとなの知らない子どもの現実』(花伝社)
『ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち』(筑摩書房)
『ルポ 子どもの無縁社会』(中央公論新社)
『毒親介護』(文藝春秋)
『家で死ぬということ―ひとり暮らしの親を看取るまで』(文藝春秋)
■主なメディア出演
NHK 「あさイチ」「ニュースウッオッチ9」
日本テレビ「バンキシャ!」
TBSテレビ「ひるおび」「報道特集」
フジテレビ「バイキングmore」
テレビ朝日「ワイド! スクランブル」「報道ステーション」
■主な講演テーマ
〇子どものネット・スマホ利用をテーマにした講演
・スマホ世代の子どもとどう向き合うか~SNS、ゲーム、ネットいじめの問題を考える
・おとなの知らない子どもの世界~デジタル世代の子どもの現状と課題
・子どもが変わる実践的スマホ教育~デジタル、AI社会を生きる子どもとどう向き合うか
・こんなときどうする? 自分で考えるネット・スマホ利用(児童・生徒向け)
〇児童虐待、子どもの貧困問題をテーマにした講演
・孤立と虐待のない街づくり~傷つくこどもたちを支えるためにできること
・消えた子どもたち~虐待、貧困の現場で何が起きているか
・子どもたちの「見えざる貧困」~ネット社会で潜在化、深刻化する現状について
〇ヤングケアラー、ビジネスケアラー、介護問題をテーマにした講演
・ヤングケアラー~「家族を背負う」子どもたちの現状と課題
・働きながら親を看る~ビジネスケアラーと介護問題
・在宅介護、在宅看取りをするために大切なこと~超高齢化日本の現状と行く末

講演実績

弊社での実績

会合名 地域 主催窓口
PTA大会 分科会 基調講演

<受講者への貢献> 参加者よりわかりやすく、非常にいいお話しだったと多….

広島県 学校・PTA
人権研修会

<受講者への貢献> 大変わかりやすく具体例を提案しながらお話いただき、….

教育委員会
研修会 基調講演&パネルディスカッション

<受講者への貢献> 基調講演とパネルディスカッションがセットで行われ、….

静岡県 学校・PTA
人権講演会

<受講者への貢献> 無事に終了することができました。講師の石川様のお話….

新潟県 官公庁
子育て講演会

<受講者への貢献> 多くの事例や対策方法等、ためになる講演会になりまし….

埼玉県 教育委員会

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

福祉・介護 孤立と虐待のない街づくり
~傷つく子どもを支えるためにできること~

増加の一途を辿る児童虐待。悲惨な状況を防ぎ、子どもたちの健やかな成長を見守るためにいったい何をすればいいでしょうか。 親の育児不安や経済的困窮、人間関係の希薄化など虐待の背景は複雑です。まずは現状を認...

プランへ移動

教育・青少年育成 ヤングケアラー
「家族を背負う」子どもたちの現状と課題

病気や障害を持つ家族のために、家事や介護、見守りや付き添い、幼いきょうだいの世話などをする子ども・若者を「ヤングケアラー」と言います。 厚生労働省と文部科学省の実態調査(2021年)では、中学生の約1...

プランへ移動

教育・青少年育成 SNS トラブル・ゲーム依存・ネットいじめ
~子どものスマホ危機を克服するためにできること~

スマホ利用の長時間化、ゲーム依存、ネットいじめなど、子どもを取り巻く環境はさまざまな問題を抱えています。いずれも子どもの心身に悪影響を及ぼすことが懸念されますが、一方で家庭や学校、社会においては具体的...

プランへ移動

教育・青少年育成 子どもが変わる実践的スマホ教育
~デジタル・AI 社会を生きる子どもとどう向き合うか~

10歳~18歳のスマホ所有率が94%(デジタルアーツ調査)に上り、SNS やオンラインゲー ム、動画視聴は子どもの「常識」になりつつあります。一方、おとなは子どもの利用実態がわからず、どんな注意や指導...

プランへ移動

教育・青少年育成 スマホ・ネット世代の子どもたち
不安な時代を生きる子どもたちをどう支えるか

・おとなの知らない子どもの世界 ・子どもの心とどう向き合うか ・子どもの心の育て方 ・子どもを取り巻くネット社会の現状と課題 ・ネット社会に傷つけられる子どもをどう守るか ・知って安心、ネットとのじょ...

プランへ移動

教育・青少年育成 自分で考える、ネット・スマホとの付き合い方

私の講演では、子どもたちに真に必要なスマホ教育についてお話しています。 その中のひとつが「リアルに置き換えて考える」ことです。  たとえば、SNSで知り合った人から「会おう」と言われたときどうするか?...

プランへ移動

教育・青少年育成 アフターコロナがもたらす子どものスマホ危機
~SNS、ゲーム、動画、デジタル世代の子どもにどう向き合うか~

コロナ禍で長期化した自粛生活は、子どもの生活にさまざまな影響を与えました。 休校措置や分散登校、部活動や課外活動の制限、友達との交流が減少するなどの問題の一方で、家庭内でのスマホ・ネット利用時間は増加...

プランへ移動

教育・青少年育成 子どもたちの見えざる貧困
~ネット社会で潜在化、深刻化する現状について

子どもの7人に1人が貧困状態にあると報告され、近年、「子どもの貧困」は大きな社会問題として注目を集めています。 一方で「いかにも貧しそう」という子ども、たとえばボロボロの服を着ているとか、まともに食事...

プランへ移動

男女共同参画 家庭と社会に潜むDV
~暴力という名の支配はなぜ起こるのか~

・暴力という名の支配はなぜ起こるのか  ・家庭と社会に潜むDV ・ドメスティック・バイオレンスが奪うもの ・主婦力で人生を切り開く ・主婦再生~自分と向き合う10のヒント」 内閣府の調査で約10%の女...

プランへ移動

教育・青少年育成 地域で育む子どもの未来
~子どもとおとなの心を結ぶ地域力~

・子どもとおとなの心を結ぶ地域力」 ・地域で見守る子どもの育ち ・地域と家庭、学校はどう連携できるか ・子どもに優しい街づくり」 ・地域社会と家庭のつながり 地域の空洞化、近隣関係の希薄化が指摘されて...

プランへ移動

教育・青少年育成 子育てを楽しもう!心でつながる親子

・育児不安の母親を支えるために ・希望を与える子育て支援 ・本当に求められる子育て支援は何か ・心でつながる親子 ・壊れる子育て、支える子育て 家族の孤立化、地域の希薄化、経済格差など、児童虐待の背景...

プランへ移動

教育・青少年育成 親子が笑顔で向き合う子育て

・児童虐待はなぜ起きるのか ・虐待しない子育て ・児童虐待を防ぐためにできること、すべきこと ・無縁化する子どもたち ・子どもの「自分力」を育てよう ・市民で考える児童虐待防止 ・これからの子育て支援...

プランへ移動

男女共同参画 家族はどう変わり、何に悩むのか

家族が抱える悩み、子どもに起きている異変、学校と親の関係、主婦の現状などについて一貫して取材をつづけてきました。 現場第一主義をモットーに、多くのリアルな声を集め、単行本、各種雑誌、新聞、テレビ、ラジ...

プランへ移動

福祉・介護 働きながら親を看る~ビジネスケアラーと介護問題

国民の約3割が65歳以上の高齢者という超高齢化社会の日本において、「老い」や「介護」の問題は避けては通れない社会的テーマです。 一方で、特別養護老人ホームなど公的な高齢者向け施設の入所基準は厳しく、多...

プランへ移動

福祉・介護 在宅介護、在宅看取りをするために大切なこと~超高齢化日本の現状と行く末

国民の約3割が65歳以上の高齢者という超高齢化社会の日本において、「老い」や「介護」の問題は避けては通れない社会的テーマです。 一方で、特別養護老人ホームなど公的な高齢者向け施設の入所基準は厳しく、多...

プランへ移動

スタッフからのコメント

関連記事

【講師コラム:石川結貴】子どもたちのスマホトラブルを防止するために、保護者・学校・地域は何をすべきか?~正しいルール作りと考え方

最近閲覧した講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.