「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

講師一覧結果(実績順)

  • HOME »
  • 講師一覧結果(実績順)

人権・平和の人気講師

弊社での実績の多い方順でご紹介します。

佐久間レイ さくまれい

声優・歌手・劇作家

音楽・芸術関係者

「それいけ!アンパンマン」のバタコ役、「魔女の宅急便」のジジ役などで知られる声優。劇作家として命や絆などについての物語を執筆。また、シングルマザーとして「子育て」「女性の生き方」「人権」をテーマに講演。絵本や物語を一人語りで演じ、歌を交え、コンサートのような時間を創り出し、世代を超えて好評。

講師プロフィールへ移動

鎌田 實 かまたみのる

医師・作家

医療・福祉関係者

1948年、東京都生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県・諏訪中央病院へ赴任。30代で院長となり、潰れかけていた病院を再生させた。一方、イラクやチェルノブイリ原発事故の被災地ベラルーシ共和国への医療支援、東北の被災者支援など精力的な活動を行っている。

講師プロフィールへ移動

渡部陽一 わたなべよういち

戦場カメラマン/ジャーナリスト

評論家・ジャーナリスト

学生時代から世界の紛争地域の取材を続け、以後、激変する世界情勢の渦中に飛び込み、戦場・変革現場での取材・発信を続ける戦場カメラマン。各地の取材を通じて痛感した命の大切さ、深淵な人間愛、平和希求のメッセージを、写真と文章で世界に発信するため、講演活動も精力的に実践中。

講師プロフィールへ移動

南雲明彦 なぐもあきひこ

明蓬館(めいほうかん)高等学校共育コーディネーター

医療・福祉関係者

21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

講師プロフィールへ移動

杉山文野 すぎやまふみの

渋谷区男女平等・多様性社会推進会議委員フェンシング元女子日本代表

実践者

「性同一性障害」という言葉がまだ世に知られていなかった2006年に、早大大学院生時代に全国へカミングアウト。今では多様なセクシュアリティの人々が様々な形で活躍するがその先駆けとなる。セクシュアリティだけでなく、それぞれが抱える「生きづらさ」を打開するヒントを伝える。

講師プロフィールへ移動

湯浅 誠 ゆあさまこと

社会活動家・法政大学教授

評論家・ジャーナリスト 大学教授・研究者

講師プロフィールへ移動

幸島美智子 こうじまみちこ

元 警視庁警察官子育てアドバイザー

実践者

警察官のキャリアと子育て経験を基に「少年犯罪予防委員会」を設立(~2011年)。「我が子を犯罪者にしない子育てこそが、日本の治安回復に直結する」と犯罪予防に取り組む。講演では、防犯・少年犯罪予防の他、段階的な子育て法を説き、子育てに迷う親や防犯に取り組む人たちに大きな力を与える。

講師プロフィールへ移動

虎井まさ衛 とらいまさえ

作家

作家

「性同一性障害者特例法」の成立にたずさわり、日本の性同一性障害者に対する医療・行政・教育現場・メディアのあり方等を正しいものにすべく尽力中。性同一性障害当事者・研究者・支援者のためのミニコミ誌「FTM日本」を16年間主宰。『女から男になったワタシ』など著書多数。

講師プロフィールへ移動

桂 ぽんぽ娘 かつらぽんぽこ

落語家

タレント・芸能関係者

小・中学校時代、自殺を考えるほど壮絶ないじめを経験。その後、落語家の道を進むことを決意し、2000年 東京太・ゆめ子に弟子入り、2006年 桂 文福に入門。現在は、落語家として全国各地で活躍する一方、一児の母として子育てに奮闘中。自身の経験を基に「いじめ問題」「子育て」について講演を行なう。

講師プロフィールへ移動

さくらいりょうこ さくらいりょうこ

講演家(人権啓発・福祉・教育・メンタルヘルス)フルート・オカリナ奏者

音楽・芸術関係者

将来を嘱望されるフルーティストとしての途上、難病「クローン病」を発症、壮絶な闘病生活が始まる。 挫折の果ての7年間の閉じこもり生活を乗り越え、見事再起を果たす。闘病・挫折からの学び、生きている喜びや感謝を伝え、人権・福祉・教育等様々な講演会で好評を得ている。

講師プロフィールへ移動

岩崎順子 いわさきじゅんこ

いのちの講演家公益財団法人 和歌山県人権啓発センター登録講師

医療・福祉関係者 教育・子育て関係者 実践者

いのち、人権、心、子ども、親子、高齢者、生と死、生きる力、認知症の向こう側にある心、災害を通しての絆について北海道から山口県まで全国での講演はおかげさまで800回以上になりました。原稿を持たず体験に基づく内容を心に届くありのままの言葉と笑顔で堅苦しくなく講演させていただきます。

講師プロフィールへ移動

藤田紘一郎 ふじたこういちろう

東京医科歯科大学名誉教授

大学教授・研究者

寄生虫博士・カイチュウ博士として知られる医学博士。専門は寄生虫学、熱帯病学、感染免疫学。「現代日本社会の超清潔志向がアレルギー病をまねき、日本人が身体的にも精神的にも世界一衰弱した民族になっている」と説く。日本テレビ「世界一受けたい授業」に講師として出演。

講師プロフィールへ移動

千葉真子 ちばまさこ

マラソンランナースポーツコメンテーター

スポーツ関係者・指導者

1997年アテネ世界選手権にて10000mで銅メダル、2003年パリ世界選手権のマラソンで銅メダルに輝き、前人未到、世界陸上トラック・マラソン2競技でメダルを獲得した世界初のランナー。現在、市民ランナーの指導や普及活動も積極的に行い、「ちばちゃん」の愛称で多くのファンに親しまれている。

講師プロフィールへ移動

清水紘子 しみずひろこ

ピアニスト

音楽・芸術関係者

生まれつきの弱視であったが、7歳で右目を、17歳(阪神淡路大震災の直後)で左目を失明。家族や友人に支えられながら、幼少時から親しんできたピアノレッスンを続ける。大阪音楽大学ピアノ科を卒業し、音楽と共に歩める幸せをかみしめながら、演奏と講演の活動を続けている。

講師プロフィールへ移動

東 小雪 ひがしこゆき

LGBTアクティビスト 会社経営

タレント・芸能関係者

宝塚歌劇団退団後、レズビアンであることをカミングアウト。東京ディズニーリゾート初の同性結婚式を挙げ国内外で注目。LGBT、セクシュアル・マイノリティ、性虐待、児童虐待に関わる啓発活動に尽力中。 最新刊に『女どうしで子どもを産むことにしました』。渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号。

講師プロフィールへ移動

大場久美子 おおばくみこ

女優心理カウンセラー(日本推進カウンセラー協会認定)足底反射療法士・音楽健康指導士

タレント・芸能関係者

1978年「コメットさん」(TBS)で絶大な人気を得る。女優として幅広く活躍する傍ら、心理カウンセラー・足底反射療法士・音楽健康指導士の3つのスキルを総合的に用いた講演、東日本大震災・熊本地震など被災者の心と体のケアを精力的に行う。著書『やっと。やっと!―パニック障害からぬけ出せそう…』等。

講師プロフィールへ移動

浦本誉至史 うらもとよしふみ

元 東京部落解放研究所研究員

実践者

兵庫県の被差別部落出身。高校卒業後、大学進学のために上京。以後、東京に在住。部落解放同盟東京都連合会勤務を経て、公益社団法人東京部落解放研究所に研究員として勤務。2013年に同所退職し、フリーで活動。「連続・大量差別はがき事件」の代表刑事告訴人。

講師プロフィールへ移動

林家笑丸 はやしやえみまる

落語家芸人

タレント・芸能関係者

上方落語界屈指の多芸な落語家。明るく陽気な「落語130席」以外に、楽器を使った「ウクレレ落語」、紙を見ずに切る「後ろ紙切り」、後ろ向きで踊る舞踊「後ろ面」など、数多くの芸の持ち主。芸人ならではの「落語」と「芸」、それらを盛り込んだ楽しい「講演」は、老若男女関係なく喜んで頂けます。

講師プロフィールへ移動

石川千明 いしかわちあき

一般社団法人ソーシャルメディア研究会 チーフ研究員京都府警 ネット安心アドバイザー・リーダーNPO法人 奈良地域の学び推進機構 理事

教育・子育て関係者

急速に普及したスマホによりLINEトラブルやネット依存の低年齢化が進んでいます。元ゲーム企画開発、web企画17年、子育て支援16年、学校支援、また母親目線から、わかりやすくトラブル・注意点を解説。家庭、学校、地域での声掛け、取り組み、ルール作りについてお話します。

講師プロフィールへ移動

井沢元彦 いざわもとひこ

作家

作家

日本史から宗教・マスコミ論に至るまで多分野に精通するマルチ作家。TBS在職中に発表した推理小説『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞受賞。現在、執筆活動に専念し、歴史ミステリー・評論で独自の境地を拓いている。深い知識と高い見識に基づき、現代日本の社会問題を興味深い内容で熱く語る。

講師プロフィールへ移動


講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.