()

  • HOME »
  • 伊藤真波 (K-15881)

伊藤真波
いとうまなみ

元 パラリンピック水泳日本代表

元 パラリンピック水泳日本代表

看護師を志していた途上の20歳の時、交通事故で右腕を失う。失意のどん底から、親や家族との関わりにより不安や葛藤を乗りこえ、看護師の道に進む。また、パラリンピック水泳日本代表やバイオリン演奏など、「夢や希望」を常に前向きに実現。現在、育児をしながら講演活動も精力的に行っている。

講師が「講師候補」に登録されました
講師が「講師候補」から削除されました
講師ジャンル
社会啓発 人権・平和

関連記事

【SBスタッフ事例レポート第13回】
ホテル収録に生演奏収録、さまざまなオンライン講演のカタチ

オンライン講演にはライブ配信やオンデマンド配信、併合(ハイブリット)型など一定の方法がありますが、講師の撮影場所や講演内容、聴講者の聴講状態などの諸条件は毎回異なり、一つとして同じ形態ものはありません。 私はこれまで20...

プランへ移動

【講師特別インタビュー】伊藤真波さん 前編
交通事故による右手切断
どんなときでも見守ってきた両親の存在

20歳の時、バイクによる交通事故で右手を切断しながらも、両親からのあたたかなサポートで自ら立ち上がり、看護師復帰、パラリンピック出場、結婚、出産…とさまざまなことにチャレンジしてきた伊藤真波さん。 「今あるのは私だけでは...

プランへ移動

【講師特別インタビュー】伊藤真波さん 後編
障がいを隠すのではなくさらけ出す
義手でのバイオリンパフォーマンス

悲惨な交通事故から3年たった2007年。 「日本初の義手の看護師」として神戸の病院に就職した伊藤真波さんは、行きつけのプールでパラリンピックの代表選手を見て、パラリンピック出場を夢見るようになります。 2008年に北京、...

プランへ移動

伊藤真波のプロフィール

■略歴
1984年 静岡県出身、5歳から 水泳を始める
2000年 静岡県立清水西高等学校衛生看護科 入学
2003年 静岡県医師会看護専門学校 入学
2004年 交通事故に遭い右腕切断。兵庫県立リハビリテーション中央病院にて義手製作に取り掛かる
2007年 神戸百年記念病院 入職
2008年 北京パラリンピック 100m平泳ぎ 4位 100mバタフライ 8位
2010年 アジアパラリンピック 100m平泳ぎ 2位
2012年 ロンドンパラリンピック 100m 平泳ぎ 8位
2015年 神戸百年記念病院退職
現在、育児をしながら講演活動をしている

■講演趣旨
私は交通事故で右腕を失いました。
当時看護師を志すどこにでもいる20歳の女の子でした。突然の事故で今まで当たり前にあった生活を失いました。右腕だけでなく、夢や希望を失った私にはどん底の人生しか待っていないと覚悟しました。しかし次第に以前のように「笑いたい」「幸せになりたい」と心から思えるようになり前を向く決心をしました。社会復帰するまでのいくつかの不安や葛藤は「夢や希望」があったことで乗り越えていけました。
そして一番に親の存在や苦しい時の家族との関わりが今の私に大きく影響しています。こどもの頃は親からの愛情やありがたみがわかりませんでした。事故に遭って周りの人たちに支えられて生きていることを痛感しました。
何事もあきらめずに取り組むことが自分を後に大きく成長させてくれることを伝えたいです。

講演実績

会合名 開催時期・地域 主催窓口 主催担当者の声
保護者向け講演会 2023年11月/兵庫県 学校・PTA 多くの「感動した」という感想をいただきました。すば….
道徳講話 2022年11月/青森県 学校・PTA 講師の伊藤真波さんが自らの思いを余すところなく精一….
人権啓発講演会 2020年11月/新潟県 官公庁 コロナ禍の中、100名以上ご参加いただき、伊藤様の….
生涯学習推進大会・自治公民館大会 2020年2月/宮崎県 官公庁 大変盛況に終了することができました。受講者からのア….
社会福祉大会 2020年2月/茨城県 医療・福祉 終了後に参加者から、自分が参加した最近の講演会等で….

実績をもっと見る

講演タイトル例

人権・平和 + 輝く自分でいるために

人権・平和 + 自分らしく生きるために

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別