「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

伊藤真波 (K-15881)

  • HOME »
  • 伊藤真波 (K-15881)

伊藤真波 いとうまなみ

元 パラリンピック水泳日本代表

看護師を志していた途上の20歳の時、交通事故で右腕を失う。失意のどん底から、親や家族との関わりにより不安や葛藤を乗りこえ、看護師の道に進む。また、パラリンピック水泳日本代表やバイオリン演奏など、「夢や希望」を常に前向きに実現させる。現在、育児をしながら講演活動も精力的に行っている。

スポーツ関係者・指導者
人権・平和

伊藤真波のプロフィール

■略歴
1984年 静岡県出身、5歳から 水泳を始める
2000年 静岡県立清水西高等学校衛生看護科 入学
2003年 静岡県医師会看護専門学校 入学
2004年 交通事故に遭い右腕切断。兵庫県立リハビリテーション中央病院にて義手製作に取り掛かる
2007年 神戸百年記念病院 入職
2008年 北京パラリンピック 100m平泳ぎ 4位 100mバタフライ 8位
2010年 アジアパラリンピック 100m平泳ぎ 2位
2012年 ロンドンパラリンピック 100m 平泳ぎ 8位
2015年 神戸百年記念病院退職
現在、育児をしながら講演活動をしている

■講演趣旨
私は交通事故で右腕を失いました。
当時看護師を志すどこにでもいる20歳の女の子でした。突然の事故で今まで当たり前にあった生活を失いました。右腕だけでなく、夢や希望を失った私にはどん底の人生しか待っていないと覚悟しました。しかし次第に以前のように「笑いたい」「幸せになりたい」と心から思えるようになり前を向く決心をしました。社会復帰するまでのいくつかの不安や葛藤は「夢や希望」があったことで乗り越えていけました。
そして一番に親の存在や苦しい時の家族との関わりが今の私に大きく影響しています。こどもの頃は親からの愛情やありがたみがわかりませんでした。事故に遭って周りの人たちに支えられて生きていることを痛感しました。
何事もあきらめずに取り組むことが自分を後に大きく成長させてくれることを伝えたいです。

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
人権啓発講演会

<受講者への貢献> 伊藤さんの前向きな生き方、あきらめない心、他人を思....

長崎県
2018/12月
官公庁
人権講演会

<受講者への貢献> 内容についても、講演中のパフォーマンスについてもた....

岡山県
2018/11月
官公庁
特別支援学校教育研究会全体会

<受講者への貢献> 人としての生き方の参考になる内容のお話がちりばめれ....

茨城県
2018/08月
学校・PTA
人権啓発講演会

<受講者への貢献> 伊藤さんの前向きであきらめない心に心底、感動し、自....

愛媛県
2018/08月
官公庁
家庭教育学級合同人権教育研修会

<受講者への貢献> 障がいを持ちながらも、チャレンジする強い心、素敵な....

埼玉県
2018/07月
教育委員会

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

人権・平和 あきらめない心
~前向きに生きることで必ず道は開ける~

看護師を目指す、その途上での事故により右腕を切断。  その後、様々な人に支えられ、看護師復帰、パラリンピック出場、結婚、出産と、幾多の困難を乗り越え、夢を実現してきました。 「どのような状況にあっても...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別