「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

講師一覧結果(実績順)

  • HOME »
  • 講師一覧結果(実績順)

スポーツ関係者・指導者の人気講師

弊社での実績の多い方順でご紹介します。

舞の海秀平 まいのうみしゅうへい

NHK大相撲解説者

スポーツ関係者・指導者

“平成の牛若丸”の愛称で親しまれた、元小結。日本大学経済学部を経て、90年夏場所、初土俵を踏む(幕下付け出し)。最高位は小結で、技能賞5回受賞。99年11月九州場所後引退。現在は、大相撲解説・情報番組・CM等で活躍中。生まれ故郷である青森県鰺ヶ沢町の「ふるさと大使」。

講師プロフィールへ移動

清水宏保 しみずひろやす

元 スピードスケート選手

スポーツ関係者・指導者

幼稚園からスケートを始め、18歳でワールドカップ初優勝。以来、世界のスピードスケート短距離界の第一人者として活躍。長野オリンピックで金・銅メダル、ソルトレイクシティオリンピックで銀メダルを獲得。 スポーツから医学まで幅広い知識を持ち、現在はテレビ、ラジオ、講演などで活躍。

講師プロフィールへ移動

伊藤真波 いとうまなみ

元 パラリンピック水泳日本代表

スポーツ関係者・指導者

看護師を志していた途上の20歳の時、交通事故で右腕を失う。失意のどん底から、親や家族との関わりにより不安や葛藤を乗りこえ、看護師の道に進む。また、パラリンピック水泳日本代表やバイオリン演奏など、「夢や希望」を常に前向きに実現させる。現在、育児をしながら講演活動も精力的に行っている。

講師プロフィールへ移動

山﨑武司 やまさきたけし

元 プロ野球選手 スポーツコメンテーター

スポーツ関係者・指導者

豪快な風貌と性格、愛嬌のある笑顔から「ジャイアン」の呼び名で多くのファンに愛され、ベテランの粋に達しても第一線で活躍する姿は「サラリーマンの星」として支持された。2013年7月に現役引退を表明。 セルフマネジメント、コミュニケーション等をテーマに講演活動も行なっている。

講師プロフィールへ移動

古賀稔彦 こがとしひこ

バルセロナ五輪柔道金メダリスト 古賀塾塾長

スポーツ関係者・指導者

中・高時代に数々の全国大会を個人・団体戦で制覇。日体大進学後"平成の三四郎"の異名をとり、バルセロナ五輪では金メダル、アトランタ五輪では銀メダルを獲得。現在は、古賀塾塾長、IPU環太平洋大学体育学部体育学科教授、女子柔道部総監督を務め、2014年全日本柔道女子強化委員に就任。

講師プロフィールへ移動

掛布雅之 かけふまさゆき

阪神タイガース オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー

スポーツ関係者・指導者

“ミスタータイガース”と呼ばれ、一世を風靡した元プロ野球選手。ドラフト6位で入団しながら、人一倍の負けず嫌いから練習に練習を積み重ね、文字通り阪神タイガースの不動の4番打者となる。1988年現役引退。阪神タイガースのGM付育成&打撃コーディネーターなどを経て、2017年まで二軍監督務める。

講師プロフィールへ移動

小久保晴代 こくぼはるよ

フリーアナウンサー 健康・防災・安全管理 アドバイザ-

スポーツ関係者・指導者

スポーツ実況・イベント司会等で活躍。健康管理士、運動指導士、防災士、船舶操縦士等の資格を取得し、健康・防災・安全管理アドバイザ-として、企業・自治体等で年間100回以上の講演・運動指導を行う。また、認知症・介護予防「活脳塾」塾長、専門学校講師(健康・安全衛生)等も務める。

講師プロフィールへ移動

清原伸彦 きよはらのぶひこ

日本体育大学名誉教授 学校法人武相学園理事長

スポーツ関係者・指導者

日体大水球部監督として黄金時代を築き、1984年ロサンゼルスオリンピックで日本代表監督を務めた。 その後、「集団行動の心理・活動」について研究・指導。2014年ソチパラリンピックで、開会式における「集団行動」が注目を集める。2014年5月 国立赤城青少年交流の家の名誉所長に就任。

講師プロフィールへ移動

佐藤 浩 さとうひろし

株式会社BESTS 代表取締役  能力開発プロデューサー 前 近畿大学陸上競技部 駅伝監督

スポーツ関係者・指導者 コンサルタント

大脳生理学を基に「心技体」を向上させるメンタルトレーニングの指導者。1988年 四日市大学で、駅伝部を設立。東海地区18位のチームを三重県で初めて全日本大学駅伝に出場させた。「ストレスマネジメントできる人を増やすことが職場や家庭の繁栄になる」を信条に、活動の場を全国に広げている。

講師プロフィールへ移動

湯浅景元 ゆあさかげもと

中京大学名誉教授 元 中京大学スポーツ科学部教授 日本体育学会名誉会員

スポーツ関係者・指導者

中京大学体育学部卒業後、東京教育大学(現・筑波大学)大学院体育学研究科修士課程修了。東京医科大学で学び、医学博士でもある。中京大学在職中は、スケート部部長として安藤美姫、小塚崇彦、浅田真央らの教育に携わった。ハンマー投げ金メダリスト・室伏広治は湯浅ゼミの出身者。

講師プロフィールへ移動

清宮克幸 きよみやかつゆき

ヤマハ発動機ジュビロ 監督

スポーツ関係者・指導者

ラグビー選手として、早稲田大学や社会人リーグで活躍した後、早稲田大学ラグビー部、サントリーラグビー部の監督を歴任。その独自の指導法で数々の成績を収め、人材育成と組織強化の手法はスポーツ界だけに留まらず、ビジネス界からも注目される。現在、ヤマハ発動機ジュビロ 監督を務める。

講師プロフィールへ移動

湯田友美 ゆだともみ

元 ワコール女子陸上部 SMILEY ANGEL代表 アディダスランニングアドバイザー

スポーツ関係者・指導者

ワコールでは実業団選手として、トラック種目や駅伝を中心に日本代表レースに出場するなど活躍。 引退後は陸上経験を生かし、ゲストランナーや講演を通して安全で楽しいランニングの続け方を伝授。現在、市民ランニングクラブ「SMILEY ANGEL」代表、アディダスランニングアドバイザーを務める。

講師プロフィールへ移動

西本 聖 にしもとたかし

プロ野球評論家

スポーツ関係者・指導者

1975年 ドラフト外で巨人に入団。努力と精進で主力投手として活躍。中日・オリックスを経て、再びテスト生として巨人に入る。傷だらけの野球人生は感動的。阪神タイガース、千葉ロッテ、オリックスの投手コーチを経て、2015年は韓国プロ野球・ハンファ・イーグルスの一軍投手コーチを務めた。

講師プロフィールへ移動

原 晋 はらすすむ

青山学院大学 陸上競技部監督

スポーツ関係者・指導者

2015年箱根駅伝で初優勝を果たした青山学院大学陸上競技部監督。叩き上げの営業マンとして、不屈の精神で逆境を乗り切った経験に基づき、その営業手法を駅伝の指導に応用。 陸上関係者も舌を巻く驚きの手法で弱小チームを箱根制覇に導いた画期的な指導法が各方面から注目を集めている。

講師プロフィールへ移動

桑田真澄 くわたますみ

野球評論家 元 読売巨人軍 元 ピッツバーグパイレーツ投手

スポーツ関係者・指導者

PL学園時代より高校野球で活躍し、ドラフト1位で巨人軍入団。その後、米メジャー挑戦のため21年間在籍した巨人軍を退団、パイレーツと契約。08年現役引退。試練と努力に満ちた野球人生を語る講演は、多くの人に勇気を与える。現在は、野球解説、評論、執筆活動の他、野球教室や講演活動等で活躍中。

講師プロフィールへ移動

タケ 小山 たけこやま

プロゴルファー・ゴルフ解説者

スポーツ関係者・指導者

米国でゴルフ場所属のプロゴルファーとして世界各地で試合に参戦する一方、リゾートコースの経営全般を学び、また解説業も兼務。09年に早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。18年間にわたる米国ゴルフ界での活躍に基づき、プロ選手の視点で日米プロスポーツビジネス界を語り、各地で好評。

講師プロフィールへ移動

奥村幸治 おくむらこうじ

NPO法人ベースボールスピリッツ 理事長 パーソナル・トレーナー

スポーツ関係者・指導者

イチローの専属打撃投手を務め、“イチローの恋人”として一躍マスコミに紹介され話題となる。現役を目指し挑戦し続けるが、夢は叶わず1996年に自らユニフォームを脱ぐ。現在は、少年野球チームの監督も務め、野球少年たちに夢を与え続けている。目標達成のセルフマネジメントセミナーも好評。

講師プロフィールへ移動

松木安太郎 まつきやすたろう

サッカー解説者 サッカー元日本代表

スポーツ関係者・指導者

監督としてヴェルディ川崎(現 東京ヴェルディ)をJリーグ2連覇に導く。選手時代は日本代表として国際舞台で活躍。また、Jリーグ最年少監督として話題を呼ぶ。セレッソ大阪、東京ヴェルディの監督を歴任。現在は、サッカーに関する指導・解説者として活躍。

講師プロフィールへ移動

山本昌邦 やまもとまさくに

サッカー解説者

スポーツ関係者・指導者

現役時代はディフェンダーとして、ユース・ユニバーシアード・日本の各代表として活躍。その後は指導者の道へ進み、コーチ・監督として多くの日本代表選手を指導。世界の舞台で活躍する選手の育成に大きく貢献。2004年のアテネ五輪では日本代表監督を務めた。現在は、NHKサッカー解説者として活躍。

講師プロフィールへ移動

田中雅美 たなかまさみ

スポーツコメンテーター シドニーオリンピック銅メダリスト

スポーツ関係者・指導者 キャスター・アナウンサー

競泳平泳ぎ日本代表として、オリンピックに3度出場し、日本競泳界の中心選手として活躍。シドニーオリンピック400mメドレーリレーで念願のメダルを獲得。アテネオリンピック出場後、現役引退、スポーツコメンテーターとして活躍。講演では、自身の競泳人生、オリンピックでの経験を通して得たものを伝えている。

講師プロフィールへ移動


講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別