「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

西村 淳 (K-14798)

  • HOME »
  • 西村 淳 (K-14798)

西村 淳 にしむらじゅん

南極料理人 作家

海上保安庁在任中に二度、南極観測隊員に選ばれ、地球上最も苛酷といわれる平均気温-57℃の「ドームふじ基地」で越冬。隊員たちの生活を、食事担当として料理で支えてきた。その後(株)オーロラキッチンを立ち上げ、マルチな活動を行う。エッセイ『面白南極料理人』は映画化され話題となった。

実践者

西村 淳のプロフィール

■略歴
1952年、北海道留萌市生まれ。網走南ヶ丘高校卒業後、舞鶴海上保安学校へ。
海上保安庁在任中に第30次南極観測隊、第38次南極観測隊に参加。第38次隊では、地球上最も過酷といわれる平均気温-57°C(当時)の「ドームふじ基地」で越冬した。著書『面白南極料理人』はその毎日を綴った爆笑エッセイ。
巡視船<みうら>の教官として海猿のタマゴたちを教えた後、2009年に札幌に戻り、食を通して様々なコミュニケーションを図る「オーロラキッチン」を設立。
2009年8月、著書『面白南極料理人』が映画化され、主人公・西村役に堺雅人を迎え全国で公開。
現在は執筆業に加え、講演会、テレビ・ラジオ・雑誌などのメディア出演、フードプロデュースなど多方面で活躍中。

■映画『南極料理人』(脚本・監督:沖田修一 原作:西村淳「面白南極料理人」)
平均気温-54°C・ペンギンもアザラシもウィルスさえ存在しない「ドームふじ基地」で、究極の単身赴任を送る8人の男たちの生活を、“おいしいごはん”を中心に・家族の絆や仲間の大切さを描いた「舞台は極寒、でも心の芯がじんとあたたかくなる“フード・エンタテイメント”」

■著書
<面白南極料理人シリーズ>
『面白南極料理人 名人誕生』(新潮文庫/2009年)
『面白南極料理人 お料理なんでも相談室』(新潮文庫/2008年)
『面白南極料理人 笑う食卓』(新潮文庫/2006年)※映画原作
『面白南極料理人』(春風社/2001年/新潮文庫/2004年)※映画原作
<その他>
『南極料理人直伝!まとめて1週間分の作りおきレシピ』(宝島社/2016年)
『ケンカ、友情、サツ婆ちゃん ちょっぴり初恋』(光文社文庫/2011年)
『南極料理人の使いきりレシピ』(光文社/2011年)
『いい加減は良い加減 南極料理人のレシピ&ひとりごと』(ゴマブックス/2009年)
『身近なもので生き延びろ -知恵と工夫で大災害に勝つ-』(新潮文庫/2008年)
『南極料理人の悪ガキ読本 北海道旨いぞレシピ付き』(亜璃西社/2004年)

講演タイトル例

ごはんにしよう!

今一番希薄になりつつある、自分以外の人達との交流。 食事を通じて考えを交え和う事がいかに大事かをお話しします。

プランへ移動

知らない世界のはなしをしよう

南極越冬時や海上保安官時代に遭遇した、様々な出来事や事件を映像を交えて、面白く臨場感たっぷりにお届けします。

プランへ移動

身近なもので生き延びろ

必ずやってくる地震・津波などの厄災。出先・勤務先・学校などで遭遇したとき、防災用品がないときなど身近な物で生き抜くサバイバルテクニックを伝授。

プランへ移動

南極観測隊というチーム

南極の食卓や南極観測隊の良い話・裏話・・・・知られているようで余り知られていない「南極観測隊」の実際の模様を臨場感満載でお届けします。一年数ヶ月越冬生活で起きた、様々なハプニング・事件・自然現象などを...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別