「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

高松しげお (K-4992)

  • HOME »
  • 高松しげお (K-4992)

高松しげお たかまつしげお

タレント

「いいじゃない」の流行語を生んだ“晴乃チック・タック”で漫才デビュー。コンビ解消後、芸名を“高松しげお”に改名し、映画、テレビ、ラジオ、CM、舞台にと幅広く活躍。また、「高松しげおの『いいじゃない』人生」をテーマにした講演も展開している。

タレント・芸能関係者

高松しげおのプロフィール

■経歴
1943年東京都出身。61年晴乃チック・タックで漫才デビュー。「いいじゃない」が流行語となる。66年には同コンビで、「NHK漫才コンクール」優勝。69年コンビを解消し、芸名を高松しげおに改名、一人で活動するようになる。映画出演をはじめ、テレビでは、NHK「あいうえお」「ポパイ」、NTV「朝のワイドショー」(司会)「火曜サスペンス盲人探偵松永礼太郎」、TBS「テレビ小説 吉井川」「オランダおいね」「月曜ドラマスペシャル」などに出演。また、ラジオや舞台でも活躍。

■講演内容
“高松しげおの『いいじゃない』人生”をテーマに、人は決して一人では生きてゆけない、人生は「出逢い・ふれあい・支え合い」であること。家族、友人、ファンなど、多くの人々に支えら、いろいろな人たちとの出会ってきた自身の体験を話すことで、人間らしく生きてゆくことの大切さ、素晴らしさを伝える。心温まるエピソードを通して語る、波瀾万丈の半世紀は、聴く人の心を捉える。

講演タイトル例

高松しげおの『いいじゃない』人生

「人生は、出逢い・ふれあい・支え合い」多くの人の支えによって60年近い人生を生きてきた中で、いろいろな人たちと出会い、家族、友人、ファン、人は決して一人では生きてゆけない。私の生きてきた道のりを話すこ...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別